ご挨拶Greeting

令和4年4月14日
陸上幕僚長より皆さまへ

 陸上自衛隊WEBサイトをご覧の皆様、陸上幕僚長の吉田圭秀です。
 皆様により一層、陸上自衛隊をご理解頂き、身近に感じて頂けるよう、私から皆様に陸上自衛隊の活動等についてお知らせしていきます。
 本日は私から2点、米国出張の成果及び令和4年度における陸上自衛隊の主要訓練・演習についてお知らせいたします。

日米シニア・リーダーズ・セミナーへの参加及び米国へ公式訪問

 まず、3月31日から4月10日までの間、日米シニア・リーダーズ・セミナーへの参加及び公式訪問のため、米国へ出張して参りました。
 シニア・リーダーズ・セミナーについては、私、フリン米太平洋陸軍司令官及びラダー米太平洋海兵隊司令官をはじめとし、陸上自衛隊、米陸軍及び米海兵隊の将官総計13名、日本からのVTCによる参加者を含めると総計17名の将官が一同に会し、昨年度の成果について共有を図るとともに、今年度における運用の実効性向上のための取り組みや、日米共同訓練について、より一層強化することで一致しました。
 また、公式訪米については、私のカウンターパートであるマッコンビル米陸軍参謀総長及びバーガー米海兵隊総司令官と、着任以来初めて、対面によるハイレベル懇談を行うことができ、個人的な信頼関係を構築するとともに、日米陸軍種間の防衛協力の更なる強化を図っていくことで一致しました。
 更に、米陸軍部隊等の訪問を通じ、米陸軍がマルチ・ドメイン・オペレーションに向けて、最新の努力をしている状況について把握することができ、我々の領域横断作戦の強化や、米陸軍のマルチ・ドメイン・オペレーションとの連携強化のための資を得ることができました。

シニア・リーダーズ・セミナーの様子
シニア・リーダーズ・セミナー参加者
(前列左から吉田陸幕長、フリン米太平洋 陸軍司令官、ラダー米太平洋海兵隊司令官)
マッコンビル大将(右)と懇談する吉田陸幕長(左)
吉田陸幕長(左)とバーガー大将(右)
第1軍団司令部で意見交換する吉田陸幕長(右)
第1特殊作戦群への訪問

令和4年度の主要訓練・演習について

 今年度も陸上自衛隊は、日米共同訓練、日米同盟を基軸とした二国間・多国間訓練及び様々な練成訓練を予定しておりますが、これらの訓練・演習を通じ、各種事態への対処能力の向上を図るとともに、日米同盟の抑止力・対処力の強化や、インド太平洋地域における望ましい安全保障環境の創出に、より一層寄与して参る所存です。






ページトップ