ご挨拶Greeting

令和3年9月2日
陸上幕僚長より皆さまへ

 陸上自衛隊ホームページをご覧の皆様、陸上幕僚長の吉田圭秀です。
 皆様により一層、陸上自衛隊をご理解頂き、身近に感じて頂けるよう、私から皆様に陸上自衛隊の活動等について、本日は3点お知らせします。

ハイレベル交流

 1点目は、フランス陸軍とのハイレベル交流です。
 8月31日、7月にフランス陸軍参謀長に着任したシル大将とテレビ会談を実施しました。
 懇談においては、シル陸軍参謀長に対し、就任の祝意を申し述べるとともに、インド太平洋地域の安全保障環境や、日仏陸軍種間の防衛協力等について活発に意見交換を行いました。
 フランス陸軍との関係は、本年5月、国内の演習場においては初めてとなる日仏米共同訓練、ARC21を実施する等、防衛協力が具体的に進展する中、本懇談により、陸軍種トップ間の信頼構築と日仏陸軍種間のより一層緊密な関係の強化を図ることができたことは、大きな意義があったと感じています。
 今後も、我が国と価値観を共有する各国との二国間または多国間のハイレベル交流や共同訓練を多層的に積み上げ、インド太平洋地域の平和と安定に寄与して参りたいと思います。

シル仏陸軍参謀長
吉田陸幕長

令和4年度概算要求

 2点目は、陸上自衛隊の令和4年度概算要求についてです。
 陸上自衛隊は、「31中期防」に基づき、 引き続き、サイバー・電磁波領域における能力強化を推進するとともに、機動・展開能力の強化として、機動旅団への改編、共同の部隊である海上輸送部隊に配備する輸送船舶の取得、石垣駐屯地(仮称)への警備部隊等の新編・配置等の事業を要求し、我が国の抑止力・対処力の強化に寄与して参ります。

 最後に、8月23日以降、本日までに、大津駐屯地において135名の隊員が新型コロナウイルスに感染したことが判明しました。引き続き、保健所等と連携しつつ、周辺住民の方々に感染が拡大しないよう、適切に対応して参ります。
 自治体をはじめ、保健所等の関係機関並びに周辺住民の皆様にご心配とご不安をお掛けしたことを心よりお詫び申し上げます。大変申し訳ありませんでした。
 今後はこれまでの感染防止策を徹底するとともに、今回の事例で得られた教訓から、新たな対策を速やかに実施し、全国の部隊、駐屯地における感染防止対策を徹底して参る所存です。

ページトップ