ご挨拶Greeting

令和3年7月1日
陸上幕僚長より皆さまへ

 陸上自衛隊ホームページをご覧の皆様、陸上幕僚長の吉田圭秀です。
 皆様により一層、陸上自衛隊をご理解頂き、身近に感じて頂けるよう、私から皆様に陸上自衛隊の活動等についてお知らせしていきます。

米陸軍との実動訓練(オリエント・シールド21)

まずはじめに、折しも先日着任されたヴァウル在日米陸軍司令官とともに、 国内における日米陸軍種間の最大級の実動訓練となるこのオリエント・シールド21を、 陸上幕僚長として視察できたことを大変有意義に感じています。
It was significantly meaningful to observe one of the largest bilateral field training exercises as known as Orient Shield 21 between the Japan Ground Self Defense Force (JGSDF) and the United States (US) Army--two ground components with Brigadier General Vowell who has just assumed his position last week as the new Commanding General of the United States Army Japan.

さて、本訓練の焦点は、陸上自衛隊の領域横断作戦(CDO)と米陸軍のマルチ・ドメイン・オペレーション(MDO)との連携要領を具体化することであります。
The focal point of this exercise is to codify the collaborating procedures between the JGSDF’s Cross Domain Operations (CDO) and the U.S. Army’s Multi Domain Operations (MDO).

その連携要領の具体化については、主として伊丹駐屯地で行われている指揮機関訓練で実施しているところですが、ここ、奄美駐屯地においては、その機能の一部として、陸自の中距離地対空誘導弾(中SAM)部隊と米陸軍ペトリオット部隊の連携による共同対空戦闘訓練を行っております。
Regarding the CDO and MDO collaboration effort, we have mainly conducted bilateral staff activities in Camp Itami. In addition, bilateral air defense combat training here in Camp Amami participated by JGSDF’s Mid-range Surface to Air Missile unit and U.S. Army’s Patriot Missile unit, executing part of the exercise construct.

本日、現場で訓練に励む部隊・隊員の姿に接し、日米による共同対処能力の向上を直接確認することができました。
I have directly observed the troops who enthusiastically participated in the training, and I am reassured we can continue to enhance our bilateral response capabilities.

また、本訓練を通じ、より強固になった日米同盟の姿を内外に示す良い機会となったものと考えています。
Additionally, I believe it is a great opportunity for us to underscore and demonstrate the strength of the Japan-U.S. Alliance in this region.

我が国を取り巻く安全保障環境が一層厳しさを増す中、いかなる事態が生起しても、日米陸軍種が密接に連携し、日米同盟の抑止力・対処力を一層強化し、今後とも、我が国の安全及びインド太平洋地域の平和と安定に寄与していく所存です。
The security environment surrounding Japan has become increasingly severe; whatever a mission is given to us, we will continue to maintain our bilateral land components’ close collaborative relationship. Thus, we would also like to further strengthen bilateral deterrence posture and response capabilities based on Japan-U.S. Alliance in order to contribute to the peace and stability of the Indo-Pacific region.

最後に、本訓練の実施にあたり、地元自治体をはじめ関係者の皆様のご理解とご協力に陸上幕僚長として感謝申し上げます。
Lastly, as the Chief of Staff of the JGSDF, I would like to express my sincere appreciation to the local government agencies and other relevant organizations for their solidarity and support for this exercise.

吉田陸幕長とヴァウル在日米陸軍司令官
陸自の中距離地対空誘導弾(中SAM)と米陸軍ペトリオット
ページトップ