陸上幕僚長より皆様へGreeting

令和元年8月29日
令和元年8月前線に伴う大雨に係る災害派遣等について

 陸上自衛隊ホームページをご覧の皆様、陸上幕僚長の湯浅悟郎です。
 皆様により一層、陸上自衛隊をご理解頂き、身近に感じて頂けるよう、私から皆様に陸上自衛隊の活動等についてお知らせしていきます。


1 令和元年8月前線に伴う大雨に係る災害派遣について

 陸上自衛隊は、昨日、佐賀県知事からの災害派遣要請を受け、西部方面隊が、人命救助活動を最優先に、孤立者救助、物資輸送及び航空機・地上部隊による情報収集活動を実施しています。
 未だ、要救助者の方々がいらっしゃる状況であり、一刻も早く救助できるよう、引き続き人命救助活動に全力を尽くして参る所存です。

 



2 オリエント・シールド19について

 陸上自衛隊は、先日8月26日から、九州の各演習場及び矢臼別演習場において訓練を開始しています。この際、初めて奄美駐屯地において米陸軍との共同訓練を実施するとともに、米陸軍マルチ・ドメイン・タスクフォースが初参加します。
 本訓練を通じて、陸上自衛隊及び米陸軍の部隊が、それぞれの指揮系統に従い、相互連携要領を演練することで、陸上自衛隊の対処能力のみならず、日米の共同対処能力の向上を図る所存です。
 併せて、陸上自衛隊は、空白であった島嶼部等を含む平素からの陸自部隊の事前配置及び即応展開態勢の確立により、和が国への脅威に対する抑止力を強化して参ります。

3 米国出張の概要について

 先週8月20日から22日まで、ハワイに出張し、日米豪シニア・リーダーズ・セミナー2019に参加するとともに、オーストラリア陸軍本部長と個別懇談を行いました。
 日米豪シニア・リーダーズ・セミナーにおいては、インド太平洋地域における情勢認識について意見交換をするとともに、地域の平和と安定のために3か国4陸軍種が平素から実施する協力、連携の方向性について議論しました。また、オーストラリア陸軍本部長との懇談においては、日米豪共同訓練の継続・発展について意見交換しました。
 今回の出張を通じ、インド太平洋地域における各国陸軍種のトップ間の関係構築・強化及び安全保障協力の促進を図ることができたと認識しています。


セミナーの状況

夕食会の状況

豪州陸軍本部長との懇談
ページトップ