与座岳分屯基地 YOZADAKE SUB BASE

基地紹介

基地の概要

当分屯基地は沖縄本島の南西端に位置する糸満市の与座岳に所在し、沖縄戦においては最後の防御線の緊要地でした。周辺一帯は尊い約20万名の戦没者の御霊を祀る沖縄戦跡国定公園に指定されています。

基地の歩み

与座岳分屯基地は、沖縄が本土復帰した昭和47年の9月に20名の先遣隊が展開した日に当地へ根を下ろし、翌年の3月末に正式に米軍から警戒管制任務を引き継いだことにより分屯基地としての歩みを始めました。その後、さまざまな部隊の改変がありましたが現在の与座岳分屯基地に至っております。

戦時中    海軍特設見張所(電波探信義)及び陸軍第32軍24師団歩兵第89連隊、工兵24連隊が展開
昭和27年    米軍第623航空管制警戒大隊第3分遣班進駐
〃 47年 9月  先遣隊20名が展開
〃 47年 10月  与座岳分遣隊新編
〃 48年 3月  与座岳サイト米軍より移管
平成 2年 12月  ヘリポ−ト完成
〃  6年 4月  プ−ル付体育館完成
〃 24年 2月  J/FPS−5レーダー完成
〃 25年 3月  基地開庁40周年
昭和写真