スペシャルコンテンツ

ホーム > スペシャルコンテンツ > 空自空上げ > 高畑山分屯基地「高畑山分屯基地空自空上げ」

空自空上げ

西空エリア

高畑山分屯基地「日向(ひなた)空上げ」

エンブレム

日向空上げは、「マキシマム」(宮崎名物の調味料)を使用し、スパイシーでカリカリとした衣と宮崎特産品の日向夏で作った爽やかなジュレが美味しく、食欲をそそります。

材料(4人分)

鶏もも肉
600グラム
※ブライン液
水100cc塩5グラム砂糖5グラム
★おろしにんにく
小さじ1
★牛乳
100cc
★鶏卵
1個
◎小麦粉
100グラム
◎米粉
50グラム
                                
◎片栗粉
50グラム
                                
◎マキシマム
ご当地
小さじ2
◎ナツメグ
小さじ1
◎オールスパイス
小さじ1
◎ブラックペッパー
小さじ1
◎粉末コンソメ
小さじ2
                                
揚げ油
適量
                                
△濃口醤油
20グラム
                                
△みりん
24グラム
                                
△砂糖
4グラム適量
                                
△クッキングワイン
28グラム
                                
△アガー(凝固剤寒天ゼラチン等で代用可)
4グラム
                                
△日向夏
ご当地
1個
付け合わせ野菜
適量

調理手順

1 鶏肉(1枚)を6等分に切る。
身の方からフォークで刺し、※ブライン液に30分程度漬け込む
※ ブライン液→水100㏄、塩5グラム、砂糖5グラム
手順1
2 ★マークの材料を合わせて、ブライン液から取り出した鶏肉を30分程度漬け込む。
★ 鶏肉の臭みを取り、柔らかくする効果があります。
手順2
3 ◎の材料をしっかりと混ぜ合わせた粉を作る。
粉 ➡ 2の漬け汁 ➡ 粉の順番で衣を二度漬けする。
※ 米粉がない場合は片栗粉を代用してもOK。
手順3
4170℃に熱した揚げ油で約3分程度揚げ、一度取り出す。
※ 二度揚げることで、中はジューシー外はカリッとした食感になります。
手順4
5 日向夏ジュレ
①日向夏の果肉をとりだし、果肉の半分を絞り果汁に残りの半分を適度にほぐす。皮はみじん切りにする。
②△マークの材料をあわせて加熱する。
③加熱途中に日向夏果汁と果肉を入れ、沸騰直前に火を止める。
④バットに流し入れ冷やす。
⑤冷えて固まったら、皮のみじん切りを混ぜる。
手順5

献立担当者

アイコン

フライドチキン風の空上げで、幅広い年代の方に好まれるような味付けで作成しました。宮崎名物のマキシマムと日向夏を使用し、そのままで食べるとスパイシーで、ジュレをつけるとさっぱりと爽やかな空上げです。

調理担当者

アイコン

下処理でブライン液に漬けることで柔らかくジューシーに仕上がり、牛乳で臭みをとり、しっとりとした鶏肉にしています。衣は配合を研究し、カリっと感とジューシー感を味わえる冷めても美味しい空上げに仕上げました。

喫食者

アイコン

噛んだ瞬間、衣のカリッ、サクッとした触感と柔らかくてジューシーな肉、それらを引き立てるマキシマムのスパイシーさが口の中に広がり、宮崎独特の美味しさを堪能できます。

全レシピ