スペシャルコンテンツ

ホーム > スペシャルコンテンツ > 空自空上げ > 見島分屯基地「見島みそ空上げ夏みかんソースがけ」

空自空上げ

西空エリア

見島分屯基地「見島みそ空上げ夏みかんソースがけ」

エンブレム

見島みそは島内の各家庭で作られるため生産量も少なく、あまり市場に出回らず、どことなく懐かしい温かみのあるみそです。また山口県萩市名産の夏みかんの皮を器にし、果肉と果汁を使用したソースをかけることで、みその味わいと夏みかんのさっぱり爽やかな風味と見た目になっています。

材料(4人分)

鶏もも切肉
600グラム
上白糖
40グラム
しょうゆ
20グラム
料理酒
40グラム
みりん
40グラム
しょうが(おろし)
60グラム
にんにく(おろし)
60グラム
見島みそ
ご当地
120グラム
小麦粉
120グラム
でんぷん
120グラム
サラダ油
適量
マヨネーズ
400グラム
夏みかん
ご当地
700グラム(2個)
だいだい酢
80グラム
夏みかんマーマレード
160グラム
プチトマト
120グラム
水菜
120グラム
サニーレタス
120グラム
焼肉のたれ
80グラム

調理手順

1 前日に鶏もも肉一口大(約30g)を醤油、料理酒、みりんなどの調味料とあわせ一晩漬け込む。(みそは、漉し器でこす)
手順1
2 ミニトマトは4等分に切り、サニーレタスと水菜は、軽く水洗いした後サニーレタスは手でちぎり、水菜は一口大に切る。
夏みかんを横に二分の一ずつに切り分け、両方の果肉をくり抜きソースと器の準備をする。
手順2
3 ボールに切った夏みかんの二分の一を使い果汁を絞り、夏みかんマーマレード、マヨネーズ、だいだい酢を加えて混ぜる。(少しとろみがつく程度)
残った二分の一の夏みかんは果肉をほぐし、半分をソースに加える。
手順3
4 1の鶏肉を小麦粉と片栗粉を混ぜた粉にまぶし、揚げ油で揚げる。(170℃~180℃ 4~5分程度)
手順4
5 くり抜いた夏みかんの皮を器にして、から揚げを盛り付け、夏みかんソースをかける。トマト、サニーレタス、水菜を夏みかんの器の周囲に盛り付け残った夏みかんの果肉を散らし完成。
手順5

献立担当者

アイコン

地元見島特産の見島みそで漬け込むことで鶏肉が柔らかくなり、旨味を増すことができます。また山口県萩市名産の夏みかんの皮を器にし、果肉、果汁を使用したソースをかけることで、夏みかんのさっぱり爽やかな風味が加わり、みそと夏みかんの味が絶妙なハーモニーをかもしだしています。

調理担当者

アイコン

萩市は城下町と夏みかんの風景が有名であり、維新の志士も愛した夏みかんを器とし、みその甘味と果汁ソースの酸味を組み合わせた爽やかな一品に仕上げました。

喫食者

アイコン

夏みかんの皮を器にしており、見た目が綺麗で、器から夏みかんの香りを感じられる料理です。
から揚げにしっかり味がついていますが、夏みかんソースをかけることにより、さらに美味しくなっています。

全レシピ