スペシャルコンテンツ

ホーム > スペシャルコンテンツ > 空自空上げ > 知念分屯基地「知念健児の迎撃空上げ」

空自空上げ

南西空エリア

知念分屯基地「ピリ辛空上げ丼」

エンブレム

知念分屯基地の空上げは、ピリ辛な下味とピリ辛なラー油との相乗効果をベースとしています。ラー油については、「知念分屯基地特製食べるラー油」で、辛味と旨味にもこだわりました。ご飯にかけても美味しく食べられる一品です。また地産地消の食材であるオクラ等で辛さの調和を図った丼仕立てとしています。

材料(4人分)

空上げ丼の材料
                                
鶏もも肉
800グラム
チリパウダー
8グラム
タバスコ
適量
おろしにんにく
10グラム
おろし生姜
10グラム
しょう油
適20グラム/dd>
塩・コショー
適量
澱粉
50グラム
乾パン
50グラム
サラダ油
適量
キャベツ
500グラム
オクラ(冷凍でも可)
ご当地
200グラム
白葱
1本
                                
糸とうがらし
適量
                                
ラー油の材料
                                
島とうがらし(乾燥)
ご当地
5~6本
たかのツメ
7~8本
砂糖
大さじ7杯
しょう油
大さじ4杯
おろしにんにく
適量
ごま油
大さじ2杯
サラダ油
大さじ5杯

調理手順

1 はじめに、鶏肉を5cm角にカットし、しょう油、おろしにんにく、おろし生姜、タバスコ、チリパウダーを併せた漬けタレを鶏肉に揉み込むよう混ぜて1~2時間寝かせます。(しっかり味を付けたい場合は、1晩寝かせて下さい。)
手順1
2 澱粉、塩・コショー、粗めに砕いた乾パンで衣を作り、漬け込んだ鶏肉にまぶします。(サクッとした食感を出すため、乾パンを使用します。乾パンは砕き過ぎるとサクサク感がなくなるので注意。)
手順2
3 180℃に熱した油で4分30秒程度揚げ、バットに上げてから30秒程度、余熱で火を通すことで外はカリッと、中はジューシーに仕上がります。
手順3
4 次に、彩を添える具材の用意をします。キャベツは細く千切りにし、オクラはサッとボイルして、食べ易いサイズにカットします。白葱は緑の部分を取り除き白髪ネギにします。
手順4
5 続いて、ラー油の作り方です。弱火のフライパンで、砂糖、しょう油を混ぜ溶かし、ごま油とサラダ油を入れて撹拌します。(ごま油:サラダ油=1:1)ミキサーで粉末状にした島とうがらしと、おろしにんにくをフライパンの中に入れ、中火にして焦げないようにかき混ぜながら加熱します。一旦熱が入ったら、弱火で沸騰する直前に火を止める事を4~5回繰り返し、油に味を馴染ませます。
手順5
6 最後に、丼にご飯を盛り、その上にキャベツを敷いたなら、空上げとオクラをバランス良く盛り付けます。彩りのアクセントに白髪ネギを盛り、糸とうがらしを散らして完成です。お好みの辛さでラー油をかけてお召し上がりください。
手順6

献立担当者

アイコン

知念分屯基地としての看板メニューを作るにあたり、地産地消を念頭に置いて沖縄名産の島とうがらしを使用した食べるラー油を作成し、空上げソースとして活用しました。空上げと、ラー油、そしてご飯との相性が抜群の料理に仕上がりましたので、是非ご堪能あれ!

調理担当者

アイコン

調理のポイントは、衣に混ぜる乾パンが大きすぎると揚げる際に剥がれ易くなり、小さすぎると触感が損なわれるため、砕く大きさの調節に気を配っています。ラー油はすぐ焦げてしまうため、火を入れすぎない事に注意が必要です。でも、1番のポイントは喫食者が笑顔になれるように愛情込めて作る事だと思います。

喫食者

アイコン

知念分屯基地の「ピリ辛空上げ丼」は、看板メニューにふさわしい美味しさです。空上げそのものの食感と香ばしさに加え、特製ラー油をかけて食べることにより、風味も増して相性抜群の美味しさにステージアップされます。日頃の疲れを癒してくれるメニューです。

全レシピ