活動状況

ホーム > 活動状況

活動状況

2020.1.1(水)初日の出


1月1日(水)新年明けましておめでとうございます。背振山分屯基地隊員は気持ちも新たにone teamとなって頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。がんばれ日本!東京2020

2019.12.19(木)餅つき・だるま目入れ


12月19日(木)年末行事の一環として餅つき及びだるまの目入れによる安全だるま満願成就式を行いました。 餅つきでは隊員相互関係の団結心を醸成することができました。また、目入れを行っただるまは供養し、御用始めに新たな安全だるまの開眼を行い隊員の安全意識の高揚を図り無事故を祈願します。

2019.12.6(金)初積雪


12月6日(金)⛄⛄⛄背振山分屯基地は令和初の積雪を記録しました。⛄⛄⛄

2019.11.30(土)脇山校区もちつき大会


11月30日(土)に福岡市早良区脇山小学校の体育館にて令和最初のもちつき大会が開催され、隊員12名が広報活動として参加しました。 地域の皆さんと共に餅をつき、つきあがった餅をその場で頂くなど、楽しいひと時を過ごし、背振山分屯基地に対する理解の促進及び相互の信頼関係の醸成を図りました。

2019.11.10(日)脊振森林の里文化フェスティバル


11月10日(日)佐賀県神埼市で開催された脊振森林の里文化フェスティバルに広報活動の一環として参加しました。 特に、制服の試着及び展示品等、野戦釜をもちいたカレーライス(約400食)は、地域の子供達に好評でした。

2019.10.30(水)陸上自衛隊第5施設団長、防衛問題研究家桜林美佐氏部隊研修


10月30日(水)陸上自衛隊第5施設団長 白川陸将補及び防衛問題研究家 桜林美佐氏が当部隊を研修されました。 白川陸将補は施設研修等を、桜林氏は女性自衛官との意見交換などを通じて航空自衛隊に対する理解を深めて頂きました。
 

2019.10.16(水)佐賀県防衛協会女性部会川副支部


10月16日(水)佐賀県防衛協会女性部会 会長 西村陽子様をはじめ19名の方々に来訪して頂きました。 2時間という限られたなかではありましたが、当分屯基地に対するご理解を深めて頂きました。

2019.10.12(土)脇山小学校実習田 稲刈り


10月12日(土)風の強い肌寒い中、福岡市早良区にある脇山小学校の実習田にて在校生とともに、多数の隊員が黄金色の頭を垂れた稲穂を手に取り稲刈りを行いました。 1年生には初体験の稲刈りも隊員との共同作業により無事終了し、楽しい思い出作りとなりました。

2019.10.08(火)航空幕僚副長部隊視察


10月8日(火)航空幕僚副長が来基され、部隊視察をされました。航空幕僚副長 荒木空将が基地内を巡視され、背振山 分屯基地の実情をご覧になられました。天候の回復した屋外で記念撮影をされた後、部隊の精強さに安心して視察を終えられました。

2019.9.29(日)令和元年度脇山小学校・脇山校区合同大運動会


9月29日(日)福岡市立脇山小学校で開催された令和元年度脇山小学校・脇山校区合同大運動会に参加しました。 地域住民と交流し、航空自衛隊背振山分屯基地に対する融和親睦及び相互信頼関係の醸成を図ることができました。

2019.9.18(水)令和元年度西部航空警戒管制団英語競技会


9月18日(水)春日基地で開催された令和元年度西部航空警戒管制団英語競技会に第43警戒群を代表して藤原2尉以下4名で参加しました。 参加した隊員が大会に向けて行ってきた訓練の成果を遺憾なく発揮し優秀な成績を残しました。

2019.9.8(日)第19回脊振まるごと大運動会


9月8日(日)神埼市立脊振小学校グラウンドで開催された第19回脊振まるごと大運動会に参加しました。 参加した隊員一人一人が一生懸命に汗を流し、地域住民との融和親睦及び背振山分屯基地に対する理解の醸成を図ることができました。

2019.9.6(金)西部航空警戒管制団司令初度視察


9月6日(金)西部航空警戒管制団司令 齋藤 拓也 空将補の初度視察を受けました。 体育館で行われた訓辞では、「43警群に誇りを感じ、やりがいや楽しみを感じられるようになって欲しい」と激励されました。

2019.8.20(火)背振山分屯基地山頂交流会


基地周辺自治体の小学校の生徒達に、自衛隊に対する理解や相互の信頼関係を築くことを目的として、航空自衛隊や分屯基地の概況説明、職場紹介、装備品等の展示、スポーツ交流等を通して、 生徒達と交流を図りました。

2019.8.18(日)脊振町わんぱくまつり


佐賀県神埼市脊振町で開催されるわんぱくまつりは、例年、お盆で帰省されている時期に催され、来場者も多く、脊振中学校による出店や、ヤマメのつかみ取り、花火大会等の催し物があります。 毎年、背振山面浮立部が地域住民との交流を深めるために演舞を披露しています。演舞後は沢山の拍手を頂き、地域の子供達とコミュニケーションを図りました。

2019.7.28(日)開設63周年記念行事開催


招待者と一般開放による来訪者を含め、約500名の方々が背振山分屯基地を訪れました。午前中は天候が優れず、植樹式は基地開放終了後に行いましたが、時間が経過するにつれて快晴となり、 一日分屯基地司令、感謝状贈呈式、春日基地太鼓部&早良高校和太鼓部の演舞、西空音楽隊の演奏会、祝賀会食、ふれあい広場(展示、露店など)、面浮立等の各種イベントは無事に行うことができました。 記念行事開催にあたり尽力してくれた所在隊員の皆様、並びにご協力、ご参加、ご来場していただいた皆様には大変感謝しております。今回いたらなかった点等を見直し、よりよい部隊活動を行うための質とし、 近隣地域の方々に自然体で寄り添えるよう、今後も精進していきます(画像クリックまたはタップで別リンクに飛びます)。 

2019.6.23(日)背振山分屯基地オープンハウス


隊員の家族を対象とした広報活動を実施し、隊員家族の自衛隊に対する理解を促進するとともに、隊員達と各家族間の親睦を深め、団結の強化を図り、沢山の笑顔をいただきました (画像クリックまたはタップで別リンクに飛びます)。

2019.3.2(土)オイスカ交流会


福岡県早良区に所在するオイスカ・インターナショナルは、主にアジア・太平洋地域で農村開発や環境保全活動を展開しています。特に人材育成に力を入れ、地域のリーダーとなれるよう研修を行っています。高い志を秘めた留学生達と、ソフトボールや懇親会を通して交流を深めました。

2019.2.20(水)航空自衛隊持続走大会(芦屋基地)


当分屯基地から選抜された選手が、厳しい訓練期間を耐え抜き、その成果を十二分に発揮し、見事区間賞を獲得しました。

2019.1.20(日)ふれあいコンサートin神埼市


航空自衛隊西部航空音楽隊が主演となり、はんぎーホールで開催され、神埼高校吹奏楽部との共演が実現し、多くの観客を魅了しました。

除雪作業


背振山は、青森県所在の三沢基地と冬季の気温がほぼ同様で、降雪量が多く除雪しなければ通行ができなくなるため、除雪作業は必須です。

2017.4.18(火)熊本地震


最大震度6強を記録し、熊本県で甚大な被害にあった地域へ災害派遣要員として復興活動へ向かいました。