HOME
航空自衛隊・佐渡分屯基地
update:18.8.1(水)

menu
司令室
部隊紹介・近況
クラブ紹介
佐渡の自然
調達情報等
リンク集
foot
司令室

 佐渡分屯基地ホームページにアクセスして頂きありがとうございます。
 この度、平成30年8月1日付で第32代第46警戒隊長兼佐渡分屯基地司令として着任しました大門一樹です。
 佐渡分屯基地は、第46警戒隊及び中部航空施設隊第1作業隊佐渡作業班の2個部隊が所在し、敷地面積は借用地を含め約50万平方メートル(東京ドーム約10個分)で、全国のレーダーサイトの中でも最も広い敷地を有しています。当分屯基地で運用しているFPS−5レーダーは、標高1042メートルの妙見山山頂に設置されています。
 冬期は積雪が多く、山頂各地区への移動は全て雪上車を使用しています。また、多発する雷や台風並みの強風など、冬期の勤務環境は極めて厳しい状況ですが、常に日本海上空を監視し続けるレーダーサイトとしての矜持を持ち、隊員一丸となり任務を遂行しています。
 
 我々が日頃から安定した基地運営を行い任務に邁進できるのも、地域の皆様をはじめ国民の皆様のご理解とご協力のおかげと深く感謝しております。
 我が国の平和と独立、国民の生命と財産を守るため、日々任務及び訓練に精励し、更なる精強な部隊となるよう努めて参ります。
 これからも佐渡分屯基地を何卒宜しくお願い致します。
 
平成30年8月1日
第46警戒隊長兼佐渡分屯基地司令
2等空佐 大門 一樹
HOME
航空自衛隊・佐渡分屯基地