リクルート

ホーム > リクルート > 自衛官採用情報

自衛官採用情報

プロフェッショナルが集う航空自衛隊

航空自衛隊は、プロフェッショナルの集団といわれます。なぜなら、高度に専門化された職人とも言える隊員がその職務を全うすることによって、航空自衛隊全般の任務を遂行することが可能となるからです。例えば、航空機1機を大空に飛ばすためには操縦士のみならず、整備、管制、飛行管理、レーダー、通信、燃料、給養、会計、衛生等に関わる者がいなくてはなりません。もちろんこの他にも多くの職種の隊員が支えています。それぞれの職種において高度な専門知識・技能を持つ隊員がいるからこそ「飛行機を安全に飛ばすことができる。」と私たちは考えます。

■自衛官募集のCMを公開しています。

  • 選べる任用コース
  • 航空自衛隊の職種
  • 受験申込みまでの流れ
  • 受験申込み先について
  • 教育訓練
  • お問い合わせ
  • パンフレット
  • 資料請求

航空幕僚監部 募集・援護課より


航空自衛隊における新しく入隊する隊員の「募集業務」と、
航空自衛隊を巣立っていく隊員の「再就職の援助業務」を担います。

退職自衛官雇用案内のページはこちら

採用担当者からのメッセージ

「日本を防衛する組織のリーダーに」

img_03

 航空自衛隊の幹部候補生の採用を担当する中西事務官です。

幹部候補生とは、将来、組織のリーダーとして、航空自衛隊の部隊を指揮する幹部自衛官を養成するための制度です。

幹部自衛官は、多くの部下を率いる部隊指揮官や、全国各地の部隊が活躍できるよう組織を整備する仕事を任されるなど、スケールの大きな業務に従事することができます。

また、その職種についても、パイロットや航空機整備、航空管制官など約30種類と多彩で、あなたの経験や個性を活かせる、航空自衛隊でしか味わえない職種にきっと出会えます。また、活躍の場は国内だけではなく、海外や、今後は宇宙・サイバー領域まで広がっていきます。

採用区分については、「一般幹部候補生(一般要員)」、飛行職域等に配置される「一般幹部候補生(飛行要員)」、歯科幹部に配置される「歯科幹部候補生」及び薬剤科幹部に配置される「薬剤科幹部候補生」があります。

また、一般幹部候補生の一般要員及び飛行要員については、「大卒程度試験」と「院卒者試験」に分かれています。

年齢など採用区分ごとに応募資格が異なりますので、詳しくは、採用要項をご確認いただくか、お近くの地方協力本部にお問い合わせください。

日本の空を守る航空自衛隊という組織のリーダーとなって、私たちと一緒に平和を守りませんか?

皆さんの応募を心からお待ちしています。


「空の世界へ」

img_03

 航空自衛隊の航空学生の採用を担当する本田3佐です。

航空学生は、18歳以上21歳未満で高等学校等を卒業(見込み)した方を対象として、毎年7月上旬から9月上旬にかけて募集を受け付け、9月中旬から12月中旬に試験を行っております。
 試験に合格すると、2年間、航空学生として一般教養や航空力学等の専門的な教育を受け、卒業後は実際に練習機に搭乗し、操縦教育を受けることになります。そして、全ての操縦教育を完了するとパイロットの証明「ウィングマーク」を取得し、晴れてパイロットとなることができます。

航空自衛隊のパイロットの約6割は航空学生の出身者であり、昼夜問わず日本の空を守り続ける戦闘機、国際緊急援助活動などで世界中を飛び回る輸送機、救難最後の砦とされる救難機といった幅広い機種に搭乗し、安全保障の最前線で活躍しています。

パイロットというと、少し遠い世界の存在に感じる方もおられるかもしれません。たしかに、パイロットが経験する環境は、皆様が今まで過ごされてきた環境とは全く違う世界です。だからこそ、誰もが経験のない初心者であり、誰もが同じスタートラインに立って挑戦できる職業でもあります。大切なものは「パイロットになりたいという強い意志」をもっているかどうかです。

パイロットを目指す熱意ある方の応募を心からお待ちしております。
そしていつか「空の世界」で一緒に働きましょう。


「多様なキャリアを形成できます」

img_03

 皆さんこんにちは!
 航空自衛隊の一般曹候補生及び自衛官候補生の採用を担当する長田1尉です。

「一般曹候補生」は、自衛官としての基礎を学ぶ訓練期間(約3か月)を経て各部隊に配置され、将来「曹」となって現場の「スペシャリスト」として部隊の中核を担い活躍できる非任期制の制度であり、自衛官として永く勤務する意志がある方にはお勧めです。

一方で、「自衛官候補生」は、自衛官となるための約3か月の教育訓練を経たのち、任期制自衛官として2等空士に任官します。1任期目は2年9か月、2任期目からは2年を1任期として勤務し、各任期を満了した際には、特例退職手当が支給されます。また、試験を経て一般曹候補生と同様「曹」を目指すことも可能です。

なお、曹へと昇任した以降、「幹部自衛官」を目指せます。私も任期制自衛官として航空自衛隊に入隊し、現在は幹部自衛官として職務に従事しています。

航空自衛隊には、皆さんが持つ多様な能力を発揮して活躍できる職種とチャンスがあります。是非、私たちと共に「平和を守り、未来を創る」を「仕事」にしてみませんか?
皆さんと一緒に仕事できる日を楽しみに、応募を心からお待ちしています(^O^)