新着情報

ホーム > ニュースリリース

比空軍司令官の訪日について

11月10日(木)及び11日(金)、フィリピン空軍司令官 コナー・アンソニー・D・カンラス 中将 が訪日され、航空幕僚長 井筒 俊司 空将 と懇談したほか、航空自衛隊浜松基地及び小牧基地を訪問しました。

井筒航空幕僚長とカンラス空軍司令官は、本年6月にフィリピンでの懇談をはじめ、英国、オーストラリア及び米国でも意見交換を重ね、今回の訪日では日比空軍種間の防衛協力・交流が幅広い分野及び各レベルにおいて実施されていることを相互に確認するとともに、「自由で開かれたインド太平洋」の維持・強化に向けて一層緊密に連携していくことで一致しました。また、部隊訪問では、航空教育集団司令官 引田 淳 空将 との懇談のほか基地所在部隊を視察され、航空自衛隊の部隊、装備等に対する理解を深めていただくとともに、航空自衛隊でレーダー及び航空警戒管制に関する教育課程に入校中のフィリピン空軍からの留学生を激励されました。

航空自衛隊は、今回の訪問が、日比空軍種間の信頼関係をより強固なものにすると確信するとともに、引き続きフィリピン空軍との防衛協力及び交流を推進してまいります。


img06 img07
空幕長との懇談

img08 img09
教育集団司令官との懇談

img01 img02
第1術科学校(浜松基地)

img04 img05
第5術科学校(小牧基地)