新着情報

ホーム > ニュースリリース

航空幕僚長のフィリピン・ベトナム出張について

6月21日(火)から6月29日(水)の間、航空幕僚長 井筒俊司 空将は、フィリピン及びベトナムを訪問しました。

フィリピンでは、フィリピン空軍主催エア・フォース・シンポジウムに参加するとともに、フィリピン空軍司令官コナー・アンソニー・D・カンラス・SR中将と会談しました。また、カンラス空軍司令官と共に日比人道支援・災害救援共同訓練「ドウシン・バヤニハン2-22」を視察したほか、フィリピン空軍の戦闘機部隊や指揮統制部隊を訪問しました。カンラス空軍司令官との間では、両空軍種間の防衛協力が着実に進展していることを確認するとともに、両空軍種間の関係を一層強化し「自由で開かれたインド太平洋」(FOIP)を更に推進していくことで一致しました。

ベトナムでは、ベトナム人民軍総参謀長グエン・タン・クオン上将を表敬するとともに、ベトナム人民軍防空・空軍司令官ヴー・ヴァン・カー中将と会談を含む各種交流を実施したほか、ベトナム人民軍防空・空軍の部隊を訪問しました。航空幕僚長から、カー防空・空軍司令官に対し、FOIPの維持・強化に向けて両国は協力可能であるとの考えを述べました。その上で両者は、「新たな段階に入った日越防衛協力」の下、空軍種間においても各種協力をより力強く推進していくことで一致しました。


       
img01 img02
フィリピン空軍による儀じょう
 
フィリピン空軍主催 エア・フォース・シンポジウムへの参加
 
img03
カンラス フィリピン空軍司令官との共同訓練視察
 
img04 img05
ベトナム人民軍防空・空軍による儀じょう
 
カー ベトナム人民軍防空・空軍司令官との会談
 
img06
クオン ベトナム人民軍総参謀長 表敬