新着情報

ホーム > ニュースリリース

C-2の国外運航訓練について

平成31年2月24日(日)~3月5日(水)、航空自衛隊は、豪空軍本部長デイヴィーズ中将からの招待に応じ、アバロン・エアショーに空自C-2輸送機(第3輸送航空隊第403飛行隊)を派遣し、海外では初めてとなる飛行展示を実施しました。また、エアショー参加の機会を活用し、豪空軍第33飛行隊及び第37飛行隊、米空軍第336飛行隊、ニュージーランド空軍第40飛行隊及びマレーシア空軍第22飛行隊と部隊間交流を行い、意見交換及び相互機体見学を実施しました。さらに、第3輸送航空隊は太平洋島しょ国であるフィジー共和国に初めて寄航し、各種交流を実施しました。

本訓練により、隊員の海外における任務遂行能力が向上するとともに、部隊間交流を通じ各国空軍部隊との関係を深めることができました。

今後も国外運航訓練による隊員の能力向上に努めるとともに、寄航の機会を活用した寄航先の国との交流を積極的に実施していきます。


img01 img02
国外における初のC-2飛行展示 豪空軍第37飛行隊との部隊間交流
   
img01 img02
豪空軍第33飛行隊との部隊間交流 米空軍第336飛行隊との部隊間交流
   
   
img01 img02
ニュージーランド空軍第40飛行隊との部隊間交流 マレーシア空軍第22飛行隊との部隊間交流
   
   
img01 img02
フィジーに到着するC-2 フィジー軍参謀長への機体説明
   
   
img01 img02
フィジー軍との部隊間交流 フィジー軍参謀長とのギフト交換
   
   
img01 img02
ナンディ特別支援学校へのプレゼント贈呈 在フィジー大使へのプレゼント贈呈