はいさい、ぐすーよー。(沖縄方言「みなさま、こんにちは。」)
 那覇基地司令兼第9航空団司令の稲月です。
 本日も那覇基地のホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。

 沖縄恒例のプロ野球キャンプも先週までには各地で終了し、いよいよ3月を迎えたなぁと実感します。晴れの日は最高気温が25度を超える日もありますが、日陰や朝夕は心地よい風を感じることができる季節を迎えています。もちろん新型コロナウイルスの蔓延は気になるものの、屋外に出て運動や余暇を存分に過ごしたいと思う今日この頃です。
 さて、航空自衛隊では、まもなく宇宙領域専門部隊を新設し、宇宙監視能力を獲得することで、宇宙空間の安定的な利用に寄与していきます。具体的には、宇宙の状況監視(略して「SSA」という。)に必要となる宇宙設置型光学望遠鏡、レーザー測距装置等を防衛省として導入するのに伴い、それらのSSAシステムを運用していきます。
 人工衛星は、わたしたちの日常生活における情報通信や位置情報の利用において、今や無くてはならない大変重要なものです。これらの運用を守る役割を、防衛省においては航空自衛隊が主体的に担っていくこととなります。自衛隊が平成の初めに国外任務を開始してから今年で28年が経過し、とうとう令和の時代とともに宇宙領域まで活動領域を拡大することとなります。
 年度末ということもあり、慌ただしい日々をお過ごしかと存じます。皆さまの変わらぬご多幸を祈念申し上げますとともに、引き続き航空自衛隊そして那覇基地へのご理解とご支援を賜りたく存じます。

  令和2年3月3日

略歴

第30代那覇基地司令

稲月 秀正

防衛大学校35期卒業

埼玉県出身


平成   3年   3月   航空自衛隊入隊

平成22年   9月   防衛研究所(目黒)

平成23年   7月   統合幕僚監部運用部(市ヶ谷)

平成24年   8月   幹部学校付(米国)

平成25年   8月   航空幕僚監部運用支援・情報部運用支援調整官(市ヶ谷)

平成26年   8月   航空幕僚監部防衛部(市ヶ谷)

平成27年   8月   航空幕僚監部運用支援・情報部運用支援課長(市ヶ谷)

平成29年12月   現職

topへ