団司令挨拶

ホーム > 団司令挨拶

北部航空警戒管制団司令挨拶

北部航空警戒管制団のホームページをご覧いただきありがとうございます。

北部航空警戒管制団は、北海道及び東北を防空担当区域として、9個のレーダーサイトと1個の移動警戒隊などのレーダー及び防空指令所における自動警戒管制システムをもって、北日本周辺上空の警戒監視を行っている部隊です。

近年は中国、ロシア軍の活動が活発化するとともに、緊急発進回数(スクランブル)の増加傾向に著しいものがあります。北部航空警戒管制団としては、弛まぬ緊張感を持って警戒監視の任務を遂行しなければならないことを肝に銘じております。わが国周辺を飛行する航空機を早期に発見するため、レーダーサイトは島や山上、特に冬期の風雪などの地形・環境の厳しいところにありますが、そこで24時間昼夜を問わず勤務する隊員は、常に堅実に努力を怠ることなく、全力で任務に邁進する所存です。

国民の皆様、とりわけサイトが所在する地域住民の皆様に信頼され、期待される北部航空警戒管制団であり続けたいと思っております。今後とも引き続き、ご理解とご協力を賜るべく、よろしくお願い申し上げます。



略 歴

  • 昭和62年 3月 防衛大学校卒業 航空自衛隊入隊
  • 昭和62年 9月 北部航空警戒管制団 第36警戒群(現:第36警戒隊)
  • 平成 元年 3月     同     北部防空管制群
  • 平成19年 6月 在ベルギー日本国大使館防衛駐在官
  • 平成22年 7月 幹部学校
  • 平成22年12月 航空幕僚監部 防衛部施設整備企画調整官
  • 平成23年 8月 航空幕僚監部 防衛部施設課長
  • 平成26年12月 南西航空警戒管制隊司令
  • 平成28年 7月 統合幕僚監部 報道官
  • 平成29年 8月 第5術科学校長
  • 平成31年 4月 現 職