監視小隊

 監視小隊は、レーダーによって24時間年中無休で南西域(主に東シナ海)の空を監視している部隊であります。
 監視するというのは、法に違反して日本の領空に侵入してくる外国の航空機がいないか、民間の航空機や自衛隊機等が正常に飛行しているかを視るということであります。要するに、日本の目となって南西域の空の安全を守っているのです。
 違法に侵入してくる外国の航空機がいれば日本を代表してその航空機に対して通告及び警告をすることもあります。
通信電子小隊

 通信電子小隊は、分屯基地にある通信電子機器の保守・整備及び基地間の連絡交信を任務としています。
 通信電子小隊が保守・整備する器材は多岐にわたりこれらの器材を正常に運用するため、それぞれの器材に精通した専門の隊員が昼夜を問わず管理しています。
 また、それらの機材を用いて他基地との連絡交信を行い、組織としての連携を円滑に行えるようにしています。
基地業務小隊

 基地業務小隊は、基地内施設の維持管理、物品の調達、給与の支給業務、隊員等の福利厚生業務及び食事、人員貨物の輸送及び車両の整備並びに基地警備等、分屯基地としての基盤となる業務を行っています。これらの業務を円滑に行うことにより、警戒監視及び通信電子業務を直接支えています。