60年の歩み

ホーム > 基地について > 60年の歩み

60年の歩み

昭和33年度


小牧基地返還、米軍の支援を受けスタート!

昭和34年度


伊勢湾台風に係る災害派遣

昭和36年度


基地への理解促進のため土俵開きに有名力士を招待、見学者年間2万人達成!!現在の見学者は約2,000人

昭和38年度


第3航空団は3個飛行隊を擁し、空自を背負う最大の戦闘機部隊へ。夜間のアラート待機では、うどんやラーメンが配食されていました。

昭和39年度


東京オリンピックが開催されたこの年に開庁5周年記念式典を挙行

昭和40年度


基地側にあった管制施設が滑走路を挟んだ名古屋空港側の官民合同ビルへ移動

昭和41年度


初めての航空祭を開催、10万人の来場者を魅了!

昭和42年度


基地新聞「小牧山」連載スタート!当初の編集員は4人でした。

昭和43年度


F-86D退役記念碑の除幕式 この年、F-4Eファントムが次期主力戦闘機に選ばれました。

昭和44年度


納涼祭で初めての花火大会を開催。大人気アトラクション「お化け屋敷」は1時間待ちの大盛況だった。

昭和44年度


開庁以来のビッグイベント、国際航空宇宙ショー開催。6日間でなんと50万人が来場。

昭和47年度


隊員クラブ「しゃち」完成に基地では歓声が沸いた。外出しなくてもお酒が飲めると基地内居住者には大変好評だったとか。

昭和49年度


歩哨犬(現警備犬)2世誕生名前は「ジェーン」

昭和51年度


救難教育隊が航空無事故1万時間を達成

昭和52年度


「思いきり、飛ぼう、飛ばそう陸奥の大空」を合言葉に3空団は三沢基地へ飛び立った…

昭和53年度


管制官を養成する第5術科学校に飛行場管制実習装置完成!旧型に比べ故障も少ないことに加え、教官操作を短期間で習熟できて評判よし!

昭和54年度


開庁20周年を祝い記念音楽祭を開催

昭和55年度


救難員学生基礎訓練台が完成

昭和56年度


輸送班が10年間で100万㎞の無事故を達成!!

昭和58年度


救難ヘリS-62は20年の任務を終了した。最後の1機は正門右手で展示してますよ!

昭和59年度


C-130H到着!アメリカから海を渡ってはるばる小牧に。

昭和60年度


第1輸送航空隊が1万時間無事故飛行を達成

昭和62年度


第5術科学校飛行課が7万時間無事故飛行を達成

昭和63年度


C-1は小牧でのラストフライトを終え、美保基地へ。第1輸送航空隊での総飛行時間は4万3778時間30分!!

昭和63年度


ゲート前に23㎝の積雪

平成元年度


C-130による定期運航開始。出張といえばこれでした。

平成2年度


基地業務が第5術科学校から第1輸送航空隊へ

平成4年度


カンボジアPKO、航空自衛隊初の国際貢献任務となりました。

平成5年度


モザンピークPKO、新年には正月用品を送り現地隊員を応援

平成6年度


中華航空墜落事故災害派遣。迅速な対応で人命救助

平成6年度


阪神淡路大震災に伴う災害派遣。地震発生直後から活動を開始し、空中輸送の最前線として活躍

平成8年度


ホンジュラスで国際緊急援助活動。ケリー空軍基地(テキサス州)を拠点に物資の航空輸送を行いました。

平成9年度


総合体育館が完成。室内プールでは海上救難訓練も披露された。

平成11年度


新合同庁舎完成

平成12年度


機関紙「朝雲」優秀写真賞受賞

平成14年度


基地売店が新装開店!

平成15年度


イラク復興支援派遣隊編成。小泉純一郎総理が臨席のもと完結式を挙行

平成16年度


再び小牧管制隊が新編し、名古屋飛行場の管制業務を一手に担うことになりました。

平成17年度


インドネシアにて国際緊急援助活動援助物資等の航空輸送を行いました。

平成17年度


パキスタン・イスラム共和国国際緊急援助活動では陸自UH-1ヘリを撤収

平成17年度


第5術科学校飛行課の廃止に伴うT1-Bラストフライト総飛行時間:38627.5h

平成18年度


航空機動衛生隊新編に伴う機動衛生ユニット1号機納入

平成20年度


KC-767空中給油輸送機を配備

平成21年度


小牧管制隊の新(GCA(着陸誘導管制所)庁舎開所式でテープカット。空港エリアから念願の基地内に戻り歓喜!

平成21年度


EnglishTrainingLaboratory(英語訓練講堂)完成に伴う披露

平成22年度


東日本大震災に伴う災害派遣

平成24年度


ジブチ海賊対処に係る運航

平成24年度


ハイチ国際平和協力活動派遣隊が帰隊

平成24年度


ゴラン高原国際平和協力業務運行終了

平成26年度


西アフリカへの国際緊急援助活動。西アフリカで発生したエボラ出血熱流行への支援のため、個人防護具(約2万着)の航空輸送を行いました。

平成27年度


緊急患者空輸

平成27年度


ネパールへの国際緊急援助活動。国際緊急援助隊の活動に必要な人員及び物資の航空輸送を行いました。

平成28年度


熊本地震に係る災害派遣。人員約720名、貨物155トン

平成28年度


伊勢志摩サミットの支援

平成29年度


YS-11涙のラストフライト(現在はあいち航空ミュージアムに展示してあります。)

平成30年度


北海道胆振東部地震に係る災害派遣人員や食料等の物資を被災地へ空輸することで災害派遣の一翼を担う。

平成30年度


インドネシアにおける国際緊急援助活動。約200トンの支援物資及び約400人の被災民に対して航空輸送を行いました。

令和元年度


小牧基地60周年記念人文字