部隊活動(第36警戒隊の活動)

ホーム > 部隊活動(第36警戒隊の活動) > 平成30年度

部隊活動(第36警戒隊の活動)

平成30年度


えりも岬小学校基地見学

<30.12.19>
12月19日(水曜日)えりも岬小学校の基地見学が行われました。
児童達は、自分の背丈ほどあるタイヤの特殊車両に驚いたり、普段見ることのできない山頂地区からの景色に歓喜の声をあげていました。
   

CH‐47J体験搭乗

<30.10.13>
10月13日(土曜日)CH‐47J体験搭乗が行われました。
天候にも恵まれ多くの参加者にえりも町のシンボルでもある豊似湖が見ることができました。
   

   

住吉神社秋季例大祭

<30.9.15~9.16>
えりも町住吉神社において秋季例大祭が行われ、隊長以下40名の隊員が神輿担ぎ支援を実施しました。
9月15日 宵宮祭神輿渡御では、「ソイヤ」の掛声でえりも本町を回りました。
   

9月16日 本祭神輿渡御では、「ワッショイ」の掛声でえりも町内7か所の自治会と役場、灯台公園などを回りました。
神輿を船に乗せる「海上渡御」では大漁旗を掲げて漁港内を巡回し、航空安全と豊漁を祈願しました。
   

クライマックスの神輿の奉納では長い階段を一気に駆け上がり、同行事を大いに盛り上げました。
   

北海道胆振東部地震活動状況

<30.9.6>

第36警戒隊は、災害派遣要請に備え給水支援準備を終えました。

 

関係自治体に情報収集要員を派遣し、被害状況の収集に努めました。

えりも灯台祭り支援

<30.8.14>
第36警戒隊は、8月14日、えりも灯台祭りの支援を行った。隊員は、役場の職員や地元の警察官 と協力し、鼓笛隊パレードの交通統制を行った。鼓笛隊パレードは、えりも小学校の児童達が福祉 センターから灯台公園までの約600mの間で行われるもので、36警隊からは14名の隊員が交 通統制にあたった。当日は北海道に台風が接近し、時折小雨も降る中の開催であったが、児童達の 元気いっぱいの鼓笛隊パレードは軽快なリズムと可愛い笑顔で沿道を盛り上げていった。多くの町 民や観光客が見物に来ている中の交通統制であったが、滞りなく支援を終えることができました。

北部航空警戒管制団副司令部隊視察

<30.7.9~10>
第36警戒隊は7月9日から7月10日の間、北部航空警戒管制団副司令による部隊視察を受察した。初日は体幹トレーニングや 「第3回柿原団司令杯争奪バレーボール大会」等、体育訓練を視察し、副司令自身も参加された。体幹トレーニングではたくさん の隊員から歓喜の声(悲鳴)が聞こえていたが、副司令は決められた姿勢から微動だにせず、素晴らしい体幹を見せていただいた。 2日目の史跡研修では「風の館」を見学され、強風を体験できる施設では25mの風を体験していただいた。最後に地上安全褒賞 伝達式にて訓示を賜り、多くの隊員達に見送られながら部隊を後にされました。    

インターンシップ(えりも高校)

<30.6.13>
第36警戒隊は、えりも高校2名の学生が職場研修のため訪れ自衛隊の各職場を見学しました。    

東洋小学校運動会

<30.6.17>
第36警戒隊は6月17日、2、3曹会の隊員を主体として、隊長以下20名の隊員がえりも町東洋小学校の運動会に参加した。東洋 小学校は全児童数10名の小規模校であり、この運動会は地区の運動会も兼ねて行われている。隊員は日々の訓練の成果をいかんなく 発揮し、運動会ではおなじみの玉入れ、綱引き、徒競走などいろいろな種目に参加し、運動会の場を盛り上げていた。小学校児童や住 民との相互理解を深めることができ、隊員は充実した時間を過ごすことが出来ました。
   

クリーン大作戦

<30.6.2>
第36警戒隊は6月2日、襟裳准曹会及び単身赴任の会、他に多数の有志を合わせた計28名で基地周辺道路のクリーン大作戦を実施 した。当日は雲一つない青空で作戦実行にはうってつけの天候であった。隊員は基地周辺道路に不法投棄されている空き缶やペットボ トル等、色々なゴミを回収した。中にはいっぱいになったゴミ袋がそのまま捨てられているものもあったが、皆が熱心に取り組んだ結 果、多くのゴミを回収でき周辺道路は奇麗になった。奇麗になった基地周辺道路とたくさんのゴミでいっぱいになったゴミ袋を前に、 隊員達は満面の笑みを浮かべていました。
   

体力練成訓練

<30.4.5>
第36警戒隊は新年度から持続走、銃剣道強化訓練を開始した。隊員は4月末の体力測定及び隊持続走大会に向けて休むことなく体力 練成に励んでいる。えりもは晴天でも強風の日が多く部隊の周辺道路はアップダウンを繰り返す激しい道だが、「風雪磨人」の精神で 乗り越えて、上級部隊の各種大会の金メダルを掴むことでしょう。(来客が来られる日は穏やかな天気になる(涙))晴れ男がえりも に多いと推測されます。