活動状況

ホーム > 基地の活動 > 活動状況

■知念分屯基地餅つき行事

 令和3年12月11日(土)、知念分屯基地餅つき行事を開催しました。

 今年も新型コロナウイルス感染拡大防止対策を徹底した中での餅つきとなりました。

 なお、餅つきには隊員のご家族にも参加していただきました。

 子供たちの喜ぶ姿が見られ、和やかな雰囲気で一年を締めくくることができました。

餅をつく隊員

餅をつく隊員家族

餅をつく隊員家族

隊員との交流

ポーズをとる隊員家族

集合写真

■那覇基地モニター研修支援

 第18高射隊は、12月10日(金)に那覇基地モニター研修を行いました。

 モニターの皆さんには、知念分屯基地の様子と地対空誘導弾ペトリオットを始めとする各種器材にについて知っていただきました。

       
        

概況説明の様子

佐敷ようどれ見学の様子

器材見学の様子

防弾チョッキの試着

器材前での集合写真

昼食の様子(チキンカレー)

■花植えイベント(ボランティア活動

 知念分屯基地は11月13日(土)にあかゆらぬ花会が主催する花植えイベントに隊員家族含め約60名が参加しました。

 隊員たちは、沿道に色とりどりの花を植樹するとともに地域住民と親交を深めることができました。

       
        

苗木を持つ隊員

植樹風景

植樹された花

記念撮影

■沖縄防衛局次長知念分屯基地視察

 知念分屯基地は11月10日(水)に沖縄防衛局次長による基地視察を受察しました。

       

庁舎屋上から基地の主要施設を一望

説明を受ける宮崎次長

施設巡視

記念撮影

        

■第5高射群安全褒賞授与式

 第18高射隊は、平成30年4月17日から令和3年9月12日までの間、5回連続の地上無事故を達成し、令和3年10月25日に第5高射群司令から安全褒賞を授与されました。

 これは、全隊員が一丸となり平素から事故防止に努力した賜物であり、引き続き厳正な安全管理に努め任務遂行に邁進していきます。

                

安全褒賞を授与される第18高射隊長

訓示を述べる第5高射群司令

記念撮影

        

■第16高射隊長離着任式

 離任式(令和3年7月30日)

 第11代隊長 尾形2佐は、平成31年3月~令和3年7月までの2年4ヶ月勤務され、8月1日付で航空自衛隊幹部学校に転出されました。

 着任式(令和3年8月2日)

 8月1日付で杉野3佐が第12代隊長として着任されました。

                

離任の辞を述べる尾形2佐

第16高射隊の隊員と記念撮影

着任の辞を述べる杉野3佐

着任の辞を受ける第16高射隊の隊員

        

■令和3年5月10日 准曹会知念支部Tシャツの新規作成

 准曹会知念支部は、Tシャツを新規に作成しました。

 今後は、ボランティア活動等で隊員が着用し、知念分屯基地の広報活動に役立てたいと思います。

 なお、背中部分のデザインは、第18高射隊Tシャツデザインと同じく西岡3曹が作成者となっています。

                

Tシャツお披露目

背中部分のデザイン

左胸には、連合准曹会知念支部の文字

        

■令和3年3月10日 PAC-3機動展開訓練(嘉手納)

 第18高射隊は、令和3年3月10日(水)米軍嘉手納基地にて、PAC-3機動展開訓練を実施しました。

 本訓練は、弾道ミサイル対処に係る戦術技量の向上を目的とするものです。また、航空自衛隊の即応態勢を顕示することで国民の皆様の安全と安心感の醸成に寄与するものと考えています。

 この日は、隊員一人ひとりが使命感をもって訓練に臨んでおり、士気が非常に高いことも確認できました。

 今後も部隊一丸となって、しっかりと訓練を行っていきます。

                

陣地進入

器材の布置・展開

発射機ランチアップ

アンテナ・マストの展張

展開完了報告

展開完了!!

 訓練の様子等(動画)は、下記のコンテンツにおいても、ご覧いただけます。(クリックすると外部リンクへ移動します。)

ツイッター

フェイスブック

        

■令和3年2月24日 南西航空方面隊司令官初度視察

 知念分屯基地は、令和3年2月24日(水)に南西航空方面隊司令官(尾崎 義典 空将)による部隊視察を受察しました。

                

施設巡視の様子

施設巡視の様子

記念撮影

訓示を述べる尾崎空将

        
        

■令和3年1月6日 基地司令年頭あいさつ

 知念分屯基地ホームページをご覧の皆様、新年あけましておめでとうございます。

 皆様におかれましては、輝かしく希望に満ちた新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 昨年は、新型コロナウィルスの影響による様々な制約の中、当分屯基地においては、感染拡大防止に努めつつ、創意工夫を凝らして訓練等を行い、精強性の維持に努めてまいりました。コロナ禍においても、我が国を取り巻く安全保障環境の厳しさは変わりません。

 令和3年は、困難な状況にあっても、任務に即応し完遂できるよう、分屯基地隊員一丸となってより一層努力してまいりますので、引き続き皆様のご理解、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

               

 雲外蒼天

 

               

 困難を乗り越えた先には、必ず喜びに満ちた明るい未来が待っています。皆様のご健勝とご多幸、そしてコロナ禍が終息し、日常に戻れることを祈念し、新年の挨拶とさせていただきます。