部隊紹介

 千歳管制隊
千歳管制隊長 2等空佐 田中 武
隊長挨拶

 千歳管制隊ホームページをご覧いただきありがとうございます。今季は、例年よりもやや降雪量が少なかったこともあり、先月中旬には道路等の生活エリアでの積雪が無くなり、いよいよ春の到来、桜の開花を待ち侘びているところです。
 さて、新年度に入り、新たな目標と計画をもって各種業務や練成訓練を開始しました。特に、今年度は早々に、上級指揮官である航空保安管制群司令による教育訓練点検を受けるため、昨年度から、航空管制、飛行管理、整備業務等をはじめ、隊員個々の能力向上等、更なる伸展に努めています。本点検においては良好な評価を得て、引き続き、確実な任務遂行に貢献したいと思います。
 千歳管制隊は、千歳の空の安全を確保するため、全隊員が「明るく元気に」任務に取り組んでおります。引き続き、変わらぬ皆様のご支援、ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。




部隊紹介

 千歳管制隊は、日本最北の空の守りの要である千歳飛行場と北海道の空の玄関口である新千歳空港という二つの飛行場とその周辺の空域の航空交通管制業務を担任している部隊です。加えて飛行管理情報処理システムを利用して航空機の運航情報等を扱う飛行管理中枢業務及び保有機器の保守整備業務を行っております。
 千歳には冬は降雪、夏は海霧という厳しい気象特性があります。また、新千歳空港の発着数は外国人観光客の増加やLCC(Low Cost Carrier:低価格運賃航空会社)の就航で、国際線、国内線ともに右肩上がりの状況です。
 最近は対領空侵犯措置等も増えて、確実に任務を遂行しなければなりません。
 このような状況の中で隊員はプロフェッショナルとしての誇りを持って、元気に日々の業務に邁進しております。新千歳空港にお越しの際は、千歳管制隊の頑張りに思いをはせていただけると幸甚です


千歳管制隊トピックス

 平成31年2月20日、芦屋基地において航空自衛隊持続走大会が行われ、千歳管制隊からは、航空保安管制群の選抜選手として、遠峯2曹、大岩2曹、立木士長が参加しました。
 遠峯2曹は、年明け最初の訓練で膝を故障し、走れるようになった頃には、インフルエンザ発症と、大会出場が危ぶまれましたが、正選手として第3区に出場し、これまでのベストタイムに迫る力走を見せてくれました。
 大岩2曹は、昨年末の航空支援集団大会では、補欠となったことから、空自大会では正選手となるべく、常に攻めの姿勢で訓練に臨んだ結果、チーム内で3位の好タイムを出すことが出来ました。空自大会の選考ではチーム内激戦区枠のために補欠となりましたが、チームには大貢献してくれました。
 立木士長は、今回補欠となりましたが、訓練中は徹底的な体重管理によりタイムを飛躍的に伸ばし、今後最も期待できる選手の一人となりました。
 管制群チームとしては、空自大会3位の初の快挙を為し遂げ、千歳管制隊としても、その成果に大きく貢献することができました。今後も訓練を重ね、より精強な部隊を目指すよう努力していきます。