隊員の活動

ホーム > 航空救難団の活動 >隊員の活動>救難員

救難員

                   
                  

小松救難隊 3等空曹 上田 浩貴


 救難員はUH-60J救難ヘリコプター又はU-125A救難捜索機に搭乗し、航空救難活動等において捜索救助を行うとともに、必要に応じて遭難者に応急処置を実施し、生存のための援助を行います。
 荒れた海や山などのすべてのフィールドで活動するために様々な救助技術を身につけており、更に一部の救難員は遭難者へのより適切な救命処置を行うことができるように医療(救急救命士)資格を有しています。過酷な環境における救助を行うためには、強靱な気力、体力、更に様々な知識や冷静沈着な判断力が求められます。
 救難員になるためには、毎年実施される航空自衛官を対象とした選抜試験を受けて合格しなければなりません。そのためには、体力はもとより、航空自衛官としての良好な勤務成績や、人を助けるための強い使命感、豊かな人間性等が必要になります。
 選抜試験に合格した隊員は、救難教育隊(小牧)での約1年間の救難員課程等において、救難技術の修得はもちろんのこと気力、体力等も鍛え上げられ、卒業後は全国の部隊において任務に就くことになります。  


Q.救難員になろうと思ったきっかけを教えて下さい。

A.航空機に携わる仕事がしたかった事と、もっと現場活動の第一線で活躍したいという気持が強くあったからです。以前は基地警備員として恒常業務の他、戦闘技術の取得向上と普及に尽力していましたが、自分の能力をもっと伸ばせる職に就きたいと思い、救難員を志望しました。


Q.救難員になるために努力したことは何ですか?

A.救難員は様々な現場に進出します。たとえば海上での救出、水中の捜索、雪山への展開、高山岳での搬送、崖からの救助、落下傘降下などが挙げられます。これらの環境下でも安定してマルチに対応できる体力づくりに努力しました。学生期間中は体力の向上はもちろん精神面の強化、救助技術及び知識の習得に励みました。


Q.救難員になって、よかった点を教えてください。

A.普通の生活では経験できない環境に対応していくといった特別感がありモチベーションが上がります。また、陸・海・空の全てのジャンルに精通できるので様々な知識が身に付き、いかなる環境にも対応できるスキルの向上が図れることです。   


Q.救難員として勤務する中で、大変だと感じることはありますか?

A.日々の恒常業務をこなす中でも、体力や知識の維持向上を図ることが求められます。また、いつ起こるか分からない事故や災害に備えて心の準備はもちろん、装備品の維持管理にも手を抜くことはできません。休日(土日)などでも待機に就き、常に即応体制を維持しなければならないという点では大変ですが、それを嫌に感じないほどのやりがいを感じています。   


Q.救難員ならではのエピソードがあれば教えてください。

A.プライベートで自衛官以外の友人と共に登山に行くことがあるのですが、身体を鍛えたいので全員分の重量物(水など)を持たせてもらいます。日帰りや一泊の夏山登山でも30~40kgは持つので、皆に驚かれます。また、航空業務に従事していることもあり事前準備、時間、体調及びスケジュール管理などに異常なまでに繊細となり、色々なことが気になるようになってしまいました。