隊員の活動

ホーム > 航空救難団の活動 >隊員の活動>操縦(UH-60J)

操縦(UH-60J)

                   
                  

浜松救難隊  3等空佐 野中 健太郎

 航空救難団にはUH-60J救難ヘリコプターが配備されており、自衛隊航空機の搭乗員の捜索救助を行う航空救難、海難事故や山岳事故等に対する災害派遣などを行っています。
 通常UH-60J救難ヘリコプターとU-125A救難捜索機はペアで活動します。速度の速いU-125Aが救難現場に急行し要救助者を捜索・発見し、そこにUH-60Jを誘導して救助活動を行います。
 このUH-60Jを操縦するのがヘリコプターパイロットです。航空自衛隊のパイロットになるには、高校卒業後に受験することができる航空学生、防衛大学校の飛行要員、一般大学等卒業後に受験することができる一般幹部候補生の飛行要員の3つの道があります。
 さらに、救難機(UH-60J)のパイロットになるためには、基本的な操縦課程を経てウィングマークを取得後に、救難操縦(UH-60J)課程を卒業する必要があります。



Q.パイロットになろうと思ったきっかけを教えてください。

A.大学院の合同企業説明会で、地方協力本部の方に勧誘を受けたのがきっかけです。それまでは、別分野の勉強をしていたのですが、地方協力本部の方の説明を聞き、空を飛ぶ仕事がしたいと考え、チャレンジを決意しました。


Q.自衛隊のパイロットになるために、学生時代に努力したことがあれば教えて下さい。

A.勉強です。パイロットは航空機を飛ばすだけでなく、それに関連する航空法や機体構造など、多岐にわたる知識が必要です。そのため、毎日コツコツ勉強するよう心掛けました。


Q.パイロットになって良かったと思うことがあれば教えてください。

A.空を飛べることです。そして何より人を助ける技術を身につけることができた事です!


Q.今後の目標を教えてください。

A.悪天候や夜間、国内外の任務を問わず、どんな環境、場所であっても人命救助ができる技術を身につけることです。


Q.実際の任務に出動したときの思い出を教えてください。

A.長時間の勤務及び緊張が継続する中の勤務で身体的、精神的にきつかった事を覚えています。しかし、絶対に救助するという思いと、日々の訓練のおかげで、いつも通りの能力を発揮し、任務を全うすることができました。


Q.職場の雰囲気を教えてください。

A.救難団は昔から「救難ファミリー」と呼ばれるくらい人間関係が良好です。互いに助け合い、厳しくとも明るい職場です。