隊員の活動

ホーム > 航空救難団の活動 >隊員の活動>機上整備(UH-60J)

機上整備(UH-60J)

                   
                  

百里救難隊 2等空曹 藤原 達也



 航空自衛隊のUH-60J救難ヘリコプターの機上整備員(FE:フライトエンジニア)は、飛行に必要な各種性能データの算出、飛行中のシステム監視及び不具合発生時の助言などを行う「コックピット業務」と、遭難者の捜索、救出のためのホイスト操作及び救出後に救難員が行う負傷者の応急手当をサポートする「キャビン業務」を行っています。また、地上において軽易な航空機整備作業を行うこともあります。
 まさに、整備員、パイロット、救難員の架け橋的存在であり、航空機システムから捜索救助に関わる幅広い知識、過酷な環境において各種救助作業を行う技術、体力及び精神力が求められます。
 UH-60Jの機上整備員になるためには、ヘリコプター整備員として1年以上の経験を積んだのち、選抜試験を受けて合格しなければなりません。選抜試験に合格した隊員は、愛知県の小牧基地にある救難教育隊での「機上整備(UH-60J)員課程」において約5か月間の教育を受けます。卒業後は、全国の部隊において更に訓練を積んだのち、任務に就くことになります。


Q.機上整備員になろうと思ったきっかけ教えてください。

A.私がヘリコプター整備員として業務をしていく中で、整備の知識と経験を生かす事が出来る唯一の救難機搭乗員である機上整備員への憧れが次第に強くなり希望しました。


Q.機上整備員になるために特に努力したことがあれば教えてください。

A.機内でのクルー連携に苦労しました。地上とは違い、機内での搭乗員同士の会話はインターホンを通じてのやりとりであるため、発唱する場合は簡潔明瞭が求められます。また、決められた用語を正しく発唱する事が非常に重要である事から必死に覚えました。


Q.機上整備員になって1番印象に残っていることは何ですか?

A.遠距離かつ船舶からの重症者の救出という災害派遣での吊り上げ操作は、最も緊張し神経を使った場面で特に印象に残っています。


Q.機上整備員になってよかったと思うことがあれば教えてください。

A.That others may live (他を生かすために)という言葉のとおり、救難任務に従事し任務を完遂できた時は機上整備員になってよかったと感じます。