隊員の活動

ホーム > 航空救難団の活動 >隊員の活動>機上整備(UH-60J)

機上整備(UH-60J)

                   
                  

芦屋救難隊 2等空曹 宮岳 光典



 航空自衛隊のUH-60J救難ヘリコプターの機上整備員(FE:フライトエンジニア)は、飛行に必要な各種性能データの算出、飛行中のシステム監視及び不具合発生時の助言などを行う「コックピット業務」と、遭難者の捜索、救出のためのホイスト操作及び救出後に救難員が行う負傷者の応急手当をサポートする「キャビン業務」を行っています。また、地上において軽易な航空機整備作業を行うこともあります。
 まさに、整備員、パイロット、救難員の架け橋的存在であり、航空機システムから捜索救助に関わる幅広い知識、過酷な環境において各種救助作業を行う技術、体力及び精神力が求められます。
 UH-60Jの機上整備員になるためには、ヘリコプター整備員として1年以上の経験を積んだのち、選抜試験を受けて合格しなければなりません。選抜試験に合格した隊員は、愛知県の小牧基地にある救難教育隊での「機上整備(回転翼)員課程」において約5か月間の教育を受けます。卒業後は、全国の部隊において更に訓練を積んだのち、任務に就くことになります。



 

Q.機上整備員になろうと思ったきっかけ教えてください。

A.東日本大震災の時、ヘリコプター整備員として松島救難隊に所属しており、甚大な被害を目の当たりにしました。その時の経験から、私自身が救難現場の最前線でより多くの人々を助けたいと感じたことが、きっかけになりました。


Q.機上整備員として特に努力したことがあれば教えてください。

A.整備員の時とは異なり、飛行している航空機に乗り込んで業務を実施するため、最初は大きな音や揺れのある機内環境に慣れる必要がありました。また、様々な作業を実施しながらパイロットに助言する必要があるため、マニュアルを片手にというわけにはいかず、それまで以上に航空機のシステムに関する知識を身につけ、技能の習得に努めました。


Q.機上整備員になって1番印象に残っていることは何ですか?

A.初めての災害派遣です。遠洋を航行する船舶からの患者空輸の任務でした。不安と緊張が大きかったのですが、任務を無事に終えたときの安心感と達成感はひとしおでした。日頃行っている訓練の成果を実感することが出来ました。


Q.機上整備員になってよかったと思うことがあれば教えてください。

A.要救助者を救助するため航空機に搭乗し直接現場に赴くなど、空を舞台とした人命救助活動に深く携われるようになったことです。責任は大きいですが、その分大変やりがいを感じています。


Q.今後の目標を教えてください。

A.近年、異常気象による災害が頻繁に生起しており、今後も更に厳しい環境下での救助活動を求められることが考えられます。いかなる環境の救難現場でも冷静に任務を達成出来るよう自学研鑽を重ね、クルーから信頼される機上整備員になりたいです。