隊員の活動

ホーム > 航空救難団の活動 >隊員の活動>操縦(U-125A)

操縦(U-125A)

                   
                  

那覇救難隊 1等空尉 長谷川 飛翔(つばさ)



 航空救難団には、U-125A救難捜索機が配備されており、自衛隊航空機の事故の際、搭乗員の捜索救助を行う航空救難における捜索や、患者空輸等の災害派遣などを行っています。
 要救難事態等が発生した場合、U-125A救難捜索機はUH-60J救難ヘリコプターに先行して、天候偵察などを実施しつつ迅速に現場に進出し、要救助者の捜索、発見、確保(位置の特定及び監視)を行ないます。また、要救助者を確保しつつ、UH-60J救難ヘリコプターを現場まで誘導したり、ヘリコプターが救助している間、無線中継や必要に応じて現場を統制します。
 その他に、地震等発生時には被害状況の偵察なども行ないます。
 このU-125Aを操縦するのが固定翼機のパイロットです。航空自衛隊のパイロットになるには、高校卒業後に受験することができる航空学生、防衛大学校の飛行要員、一般大学等を卒業後に受験できる一般幹部候補生の飛行要員の3つの道があります。
 さらに、U-125A救難捜索機のパイロットになるためには、基本的な操縦課程を経てウィングマーク(操縦資格)を取得した後に、救難操縦(U-125A)課程を修了する必要があります。

Q.パイロットになろうと思ったきっかけを教えて下さい。

A.高校生の頃から救難活動に興味があり、救難活動への関わり方を模索していました。その時に石狩湾での千歳救難隊の活動をTV等で知り、救難の最前線である航空自衛隊の救難パイロットを志しました。


Q.パイロットになるために努力したことがあれば教えてください。

A.特別なことはしていませんが、只々、毎日勉強をしました。
  また米国留学での操縦訓練の際は、操縦技術だけでなく、米国文化や軍事についての知識も獲得できるように尽力しました。


Q.パイロットになってよかったと感じていることがあれば教えて下さい。

A.捜索救助という任務の特性上、低高度を飛ぶことが多いのは特別な経験だと感じます。また、パイロットとして最前線で任務に携わることが出来るのは貴重な体験だと感じます。


Q.今後の目標を教えて下さい。

A.まずは機長資格を取得できるよう、勉学と訓練に励んでいきます。


Q.実際の任務に出動したときの思い出があれば教えてください。

A.初任務は、時間に追われて忙しかったことを覚えています。
  やはり訓練と任務では雰囲気が違うことや自分の実力不足を感じました。ただ、無事に任務を終えて救助した方の元気な姿を見たときの達成感はここでしか味わえないものだと思いました。