隊員の活動

ホーム > 航空救難団の活動 >隊員の活動>操縦(U-125A)教官

操縦(U-125A)教官

                   
                  

救難教育隊 1等空尉 抜元 太一



 航空救難団には、U-125A救難捜索機が配備されており、自衛隊航空機の事故の際、搭乗員の捜索救助を行う航空救難における捜索や、患者空輸等の災害派遣などを行っています。
 要救難事態等が発生した場合、U-125A救難捜索機はUH-60J救難ヘリコプターに先行して、天候偵察などを実施しつつ迅速に現場に進出し、要救助者の捜索、発見、確保(位置の特定及び監視)を行ないます。また、要救助者を確保しつつ、UH-60J救難ヘリコプターを現場まで誘導したり、ヘリコプターが救助している間、無線中継や必要に応じて現場を統制します。
 その他に、地震等発生時には被害状況の偵察なども行ないます。
 このU-125Aを操縦するのがパイロットです。航空自衛隊には、固定翼機と回転翼機がありパイロットになるには、高校卒業後に受験することができる航空学生、防衛大学校の飛行要員、一般大学等を卒業後に受験できる一般幹部候補生の飛行要員の3つの道があります。
 さらに、U-125A救難捜索機のパイロットになるためには、基本的な操縦課程を経てウィングマーク(操縦資格)を取得した後に、救難操縦(U-125A)課程を修了する必要があります。
 救難教育隊は、救難任務に従事する固定翼機、回転翼機のパイロット及びクルーの教育を実施し、課程を修了した学生を部隊へ送り出す教育部隊です。ここでは、熱き救難魂を育み、卓越した技能とたぎる情熱を醸成すべく、教官と学生が、日々真剣に向き合っています。 

Q.パイロットになろうと思ったきっかけを教えて下さい。

A.戦闘機乗りを志しましたが、身体的理由でその道を閉ざされ落胆していた折、救難隊員の「人を救うのに、理由なんかねぇ。」という言葉に共感し、救難パイロットを希望しました。


Q.パイロットになるために必要なことがあれば教えてください。

A.特別なことはしていません。学力の高低及び運動神経の良否よりも大事なことは、自分には無理だと決めつけず、可能性を信じることです。なると決めれば後はどうにでもなります。


Q.パイロットになってよかったと感じることがあれば教えてください。

A.UH-60Jと連携し、低高度での飛行や夜間飛行等の悪天候や厳しい環境を克服して任務を遂行したときです。なによりクルーと喜びを分かち合う経験と最前線で任務に従事する自覚を得られることに充実感を感じます。


Q.飛行教官としてのやりがいを教えてください。

A.ここでの教えを活かし、立派になって帰ってきた彼らの近況報告を聞きつつ、酒を酌み交わすことに言い得ない喜びを感じます。残念ながら、技量不十分で罷免される学生、自分で降りることを選択する学生、都合により退職する学生がいます。しかし、彼らが自衛官、また日本人として、この国のことを考えてくれていることを聞くと嬉しいです。


Q.教官の難しいところを教えてください。

A.学生を育てつつも、あるレベルに到達しない場合、見極めなければならない点は難しいと感じています。


Q.今後の目標を教えてください。

A.「学び極めん、空の技(「航空学生の歌」より)」に則り、自身の教育技術及び技法を磨きながら、確かな技能、旺盛な利他心を持ったパイロットを輩出して、日本に貢献していくことです。