隊員の活動

ホーム > 航空救難団の活動 >隊員の活動>機上整備(CH-47J)

機上整備(CH-47J)

                   
                  

春日ヘリコプター空輸隊  空士長 藤村 拓未


 航空自衛隊のCH-47J輸送ヘリコプターには機上整備員(FE:フライトエンジニア)が搭乗し、飛行に必要な各種飛行データの算出、飛行中の各種機器の操作、システム監視、不具合発生時のパイロット補佐などを行っています。加えて、必要に応じ、地上において軽易な整備作業を行うこともあります。まさに整備員、パイロット、空中輸送員の架け橋的存在であり、航空機のシステムから運航及び航空輸送に関わる幅広い知識、過酷な環境においても各種作業をおこなう技術、体力及び不屈の精神力が求められます。
 また、ヘリコプター空輸隊の主たる任務は空中輸送ですが、災害派遣にも出動します。
 機上整備員になるためには、隊員の中から選抜される試験を受けて合格しなければなりません。選抜試験に合格した隊員は、茨城県の陸上自衛隊航空学校での「上級陸曹機上整備員課程」において、数か月間の厳しい教育及び訓練を受け、機体の構造及び機能に関する知識を修得します。
 卒業後は、三沢、入間、春日又は那覇基地に所在する、いずれかのヘリコプター空輸隊において勤務することになります。
 


Q.機上整備員になろうと思ったきっかけを教えてください。  

A.航空機に搭乗する仕事に憧れていましたが、ヘリコプター整備員から機上整備員として航空機に搭乗するチャンスがあると知り、挑戦しようと思ったことがきっかけです。


Q.機上整備員になるために特に努力したことがあれば教えてください。 

A.私は複数の物事が起きると一点に集中してしまう傾向があるので、テレビを2画面同時に見たりして、複数の事に注意を払えるように練習しました。また、陸上自衛隊の上級陸曹機上整備員課程では、経験豊富な陸上自衛官が一緒に入校しているので、陸上自衛官に負けないように航空機のシステム、航空力学等の幅広い知識の習得に努めました。


Q.機上整備員になって思い出に残っていることがあれば教えて下さい。 

A.機上整備員として一人で搭乗業務を行えるようになって間もない頃に起きた災害派遣です。初めての実任務であったこと、あわせて夜間の運航だったので非常に緊張しましたが、無事任務を終えたときは、大きな達成感を感じました。


Q.機上整備員になってよかったと思うことがあれば教えて下さい。 

A.様々な任務等を通じて離島での離着陸や他自衛隊との訓練など、地上勤務では経験できないことができることです。また、災害派遣等で被災者から感謝の言葉を掛けていただいた時、自分の仕事が誰かの役に立ったと実感できた事です。


Q.今後の目標を教えて下さい。 

A.航空機の不具合は手順書等に書かれているとおりに起こるとは限らないので、どのような不具合が起きても、確実に操縦者に対する助言及び対処ができるように知識、技能を向上させ信頼される航空士になることです。