隊員の活動

ホーム > 航空救難団の活動 >隊員の活動>機上整備(CH-47J)

機上整備(CH-47J)

                   
                  

入間ヘリコプター空輸隊  2等空曹 松澤  威


 航空自衛隊のCH-47J輸送ヘリコプターには機上整備員(FE:フライトエンジニア)が搭乗し、飛行に必要な各種飛行データの算出、飛行中の各種機器の操作、システム監視、不具合発生時のパイロット補佐などを行っています。加えて、必要に応じ、地上において軽易な整備作業を行うこともあります。まさに整備員、パイロット、空中輸送員の架け橋的存在であり、航空機のシステムから運航及び航空輸送に関わる幅広い知識、過酷な環境においても各種作業をおこなう技術、体力及び不屈の精神力が求められます。
 また、ヘリコプター空輸隊の主たる任務は航空輸送ですが、災害派遣にも出動します。
 機上整備員になるためには、隊員の中から選抜される試験を受けて合格しなければなりません。選抜試験に合格した隊員は、茨城県の陸上自衛隊航空学校での「上級陸曹機上整備員課程」において、数か月間の厳しい教育及び訓練を受け、機体の構造及び機能に関する知識を叩き込まれます。
 卒業後は、三沢、入間、春日又は那覇基地に所在する、いずれかのヘリコプター空輸隊において勤務することになります。
 

Q.機上整備員になろうと思ったきっかけを教えてください。  

A.航空機整備の専門学校に通っていたときの先生の話です。
  その先生が旅客機のFE(航空機関士)だった当時の話が非常に印象に残るもので、面白い職種だなと感じました。
  その後、空自に入隊してヘリコプター整備員として勤務している内にCH-47Jのフライトに同乗する機会があり、空自のFEとしての職種に、非常に興味を持ちました。旅客機とヘリコプターとの違いはあるとはいえ、「先生と同じFEだ!」という思いでCH-47JのFEを希望しました。


Q.機上整備員になるために特に努力したことがあれば教えてください。 

A.FEは、特に航空機のシステムについて、広く、深く知る必要があると思いましたので、FEを受験する前から積極的に勉強していました。CH-47Jについてのみに関わらず、航空機全般を勉強しました。陸自の航空学校の機上整備員課程は非常に厳しい課程であると聞いていましたので、その予習としても努力しました。当然ながら、FEとして、現在も日々勉強です。


Q.機上整備員になって思い出に残っていることがあれば教えて下さい。 

A.色々あって、どれが一番かを決めるのは難しいのですが、思い出に残っていることはFE課程を無事修了したときのこと、空自でのTR(訓練可能航空士)が厳しかったこと、OR(行動可能航空士)としての初フライト、深夜の緊急空輸や災害派遣、要人空輸など、様々です。


Q.機上整備員になってよかったと思うことがあれば教えて下さい。 

A.人員や貨物を無事に目的地に空輸できた時や、民間の方々の体験搭乗を実施した時など、部隊の任務に貢献できた時です。特に悪天候などの厳しいフライトで無事に目的地に到着できて、降機する乗客を見ると、喜びを感じます。


Q.今後の目標を教えて下さい。 

A.CH-47JのFEは、若い隊員が入ってきて、現在世代交代が進んでいます。FEとして若い人達に、知識、技能で負けないように頑張ります。後輩に、いつ質問されても、明確に回答できるFEでありたいです。