航空自衛隊について  

ホーム > 航空自衛隊について > 航空自衛隊の役割 > 日本の平和を空から守る 平素からの対応② 災害対応、国際協力・援助活動 等

日本の平和を空から守る 平素からの対応② 災害対応、国際協力・援助活動 等

日本の平和を空から守る 平素からの対応② 災害対応、国際協力・援助活動 等

大規模災害への対応

自然災害をはじめとする災害の発生時には、地方公共団体などと連携・協力し、国内のどの地域においても、被災者や遭難した船舶・航空機の捜索・救助、人員や物資の輸送、医療といった、様々な活動を行っています。

  • 2018年7月豪雨に係る災害派遣(2018年7月)
  • 北海道胆振東部地震に係る災害派遣(2018年9月)
救難隊

災害や事故発生時に、救助任務を遂行するのが「救難隊」です。

国際緊急援助活動

海外で災害が発生した場合、救援活動を行う国際緊急援助活動も実施しています。航空自衛隊は、これらの活動に迅速に対応するため、輸送機部隊を常に待機させています。

国賓等の輸送

特別輸送機で内閣総理大臣等の国賓等を輸送します。

  • 新しく導入された特別輸送機 B-777

在外邦人等の輸送

外国での緊急事態に際し、日本国民などを安全な場所へ輸送します。

  • 美保基地における在外邦人等保護措置訓練
    (2018年12月)

国際平和協力活動(PKO)

これまで実施してきた国外活動としては、PKO、イラク復興支援、海賊対処活動などがあり、航空自衛隊は輸送機部隊を中心に様々な実績を重ねてきました。