メニューを読み飛ばす

ホーム > 研究開発 > 研究所・センタ− 陸上装備研究所

研究開発:研究所・センター

研究開発:研究所・センター

陸上装備研究所

概要

陸上装備研究所は火器、弾火薬類、耐弾材料、耐爆構造、車両、車両用機器、施設器材などの調査研究を行っています。

システム研究部

火器・弾火薬類のシステム化並びに施設器材及び車両のシステム化についての考案、調査研究及び総合的な試験評価

弾道技術研究部

火器・弾火薬類の要素技術並びに装備品等の耐弾材料・構造についての考案、調査研究及び試験評価

機動技術研究部

車両の要素技術、車両用機器、施設器材の要素技術についての考案、調査研究及び試験評価

主な研究内容

CBRN対応遠隔操縦作業車両システムの研究

 汚染地域等に遠方から投入し、現場に迅速に到達してガレキ撤去、通路啓開等の施設作業、初動対処に必要な各種の情報収集が実施可能なCBRN対応遠隔操縦作業車両システムについての研究を実施しています。

軽量戦闘車両システムの研究

 軽量コンパクトでありながら火力、防御力、機動力を有する多機能な戦闘車両システムの研究を行っています。

アクティブ防御システムの研究

 戦闘車両等に搭載・付加することにより、様々な状況下において敵の攻撃から防護するために、アクティブ防御システムに関する研究を行っています。

ハイブリッド動力システムの研究

 シリーズ方式のハイブリッド動力システムの装軌車両への適用性を、試験用車両に搭載して実証する研究を進めています。
 またこの研究では、ハイブリッド動力システムを搭載した車両の試験手法の確立を目的とした日米共同研究も実施しています。

IED対処システムの研究

 郊外及び都市部に敷設されたIEDの脅威から人員及び車両を防御するために、離隔してIEDの敷設位置を探知することが可能な器材に関する研究です。本研究は米国と技術情報交換を行いながら実施しています。

火力性能試験、防護性能試験

 火力性能並びに防護性能を確認するために、射撃試験、耐弾試験等を実施しています。

機動性能試験

 戦闘車両の機動性能を確認するために、加速試験、最高速度試験、登坂試験等を実施します。

ページトップに戻る