メニューを読み飛ばす

ホーム > 研究開発 > 研究所・センタ− 先進技術推進センター

研究開発:研究所・センター

研究開発:研究所・センター

先進技術推進センター

概要

M&S、ロボットシステム、人間工学、CBRN対処などの研究を行っています。また、先進技術を適用した将来装備システムの研究の計画を立案・推進しています。

研究管理官
(M&S・先進技術担当)

モデリング及びシュミレーション技術及び装備品等の開発に応用される先進技術についての考案、調査研究及び試験

研究管理官
(CBRN対処技術担当)

放射線、生物剤及び化学剤に対処する技術についての考案、調査研究及び試験

研究管理官
(ヒューマン・ロボット融合技術担当)

装備品等についての人間工学及びロボット技術並びにそれらの連携融合技術についての考案、調査研究及び試験


※M&S:モデリング及びシミュレーション
 CBRN:Chemical(化学剤)、Biological(生物剤)、Radiological(放射能)、  
       Nuclear(核:核爆発により発生する放射能を帯びた微細な物質)

主な研究内容

シミュレーション統合システム
シミュレーション統合システム

(画像をクリックすると動画を見ることができます。)


このシステムは、最上位のシステム統合レベルのシミュレーションです。将来装備品のコンセプトを検討する際に、複雑に連携した装備システム全体の戦闘結果への効果を見ながら、各装備品の性能等を検討することができます。シナリオ上に登場する装備品の性能をパラメータとして変化させ全体の戦闘様相に与える影響を分析することができるパラメトリックスタディ機能を有します。このシステムは現在、各開発官、各研究所等にて使用されています。

統合防空システムシミュレーション
統合防空システムシミュレーション

このシステムは、システム統合レベルからシステムレベルまでの範囲を対象としたシミュレーションです。将来の防空に役立つ新しいミサイルやレーダ等の装備品を研究開発するために、システムコンセプト立案や試験評価をコンピュータ上で行うことができます。

マイクロミサイルシステム
マイクロミサイルシステム

搭載ペイロードが限られる遠隔操縦プラットフォームに搭載可能、かつ個人携行も可能な多用途のマイクロミサイルシステムの研究を行っています。

複数の小型移動体の遠隔制御技術
複数の小型移動体の遠隔制御技術

市街地等の遮へい物が多い地域において、偵察、監視等を実施するのに有効な群制御と協調制御を利用した複数の無人小型移動体の遠隔制御に関する研究を行っています。

CBRN脅威評価システム技術
複数の小型移動体の遠隔制御技術1
複数の小型移動体の遠隔制御技術2

化学、生物、放射線及び核(CBRN)汚染の脅威に対処するための評価システムの研究をしています。気象情報や各種CBRN検知器材等から得られたデータを元に動的補正を行う仕組みを備えた、CBRN有害物質の大気拡散を予測・評価可能なシステムの研究を行っています。

個人用防護装備の試験評価方法に関する研究
個人用防護装備の試験評価方法に関する研究1

先進諸外国との交流実績を基に、防護装備の防護性能を評価するためにチャンバーや可動マネキンを使用して試験を行っています。

個人防護実験棟における試験
個人防護実験棟における試験1
高空における放射能塵の調査
高空における放射能塵の調査

1961年以来、放射能による環境汚染調査の一環として、我が国上空の放射性浮遊塵に関する資料を得るため、航空機を用いて採取された試料について、放射能濃度及び含有核種の分析を行っています。

生物剤検知システム
生物剤検知システム1

(画像をクリックすると動画を見ることができます。)


生物剤検知システム2

空気中に散布された生物剤エアロゾルを自動的に検知できるシステムの研究を実施しています。

先進個人装備システム
先進個人装備システム1

(画像をクリックすると動画を見ることができます。)


先進個人装備システム2
先進個人装備システム3
先進個人装備システム4

これを装備し行動する隊員に、現在地の他、同じ装具を装備する他の隊員の位置、発見した目標の位置等の情報を共有して情報の優位に立ち、ひいては作戦行動能力の向上を目指そうとする個人装備に関する研究を行っています。

陸上無人機
陸上無人機

危険地域における偵察や物資輸送任務の安全性を高めるため、遠隔操縦技術とレーザーセンサやステレオビジョンを用いて障害物を自律的に回避する技術を融合することで、高速な無人走行を可能とする車両の研究を行っています。

小型UGV
小型UGV

人に代わって、危険な爆発物処分や人の立ち入れない場所で作業する小型UGV技術についての研究をしています。主に、遠隔操縦可能な小型UGVを仮作し、作業性能・機動性能・通信性能の評価を行っています。
※UGV:Unmanned Ground Vehicle、陸上無人機

手投げ式偵察ロボット
手投げ式偵察ロボット1

(画像をクリックすると動画を見ることができます。)


手投げ式偵察ロボット2

小型・軽量の偵察ロボットを研究しています。このロボットはカプセル状の形態で建物内等へ投げ入れられ、進入後展開して走行可能な形態に変形し、遠隔で操作され映像・音声を収集します。

隊員用パワーアシスト技術
隊員用パワーアシスト技術

隊員の運動能力を向上させるパワーアシスト技術の研究を実施しています。本技術の成果は、重装備で高機動を発揮させるための研究へと応用されます。

操作支援ヒューマンシステム技術
操作支援ヒューマンシステム技術

隊員が作戦行動や周囲警戒動作を中断せず情報機器等の操作及びネットワークによる情報取得を可能とするための研究を実施しています。

ページトップに戻る