メニューを読み飛ばす

ホーム > ニュース

ニュース

ニュース

水中滑走制御技術の研究

 周囲を海に囲まれているわが国では、海上及び海中の監視は重要な任務であり、広い海域を長期間にわたり監視することができる装備が必要です。
 水中グライダー型UUVは、プロペラ等の推進器を持たず、内部に注排水し浮力や重心を調整して姿勢制御することにより潜入・浮上を行うことで、空を飛行するグライダーのように海中を推進するUUVです。この推進方式は、注水して潜入を開始する時と、排水して浮上を開始する時にしかエネルギーを消費しないため、省エネ性能に優れており長期間にわたる航走が可能です。
 本試験は平成25年2月に駿河湾で行われました。本試験の航走経路は1回の航走で1回の潜入と浮上のみでしたが、今後は航走距離の延伸等を目指すべく、1回の航走で2回以上の潜入と浮上の繰り返しや旋回する試験を行う予定です。
        UUV:Unmanned Underwater Vehicle (水中無人航走体)