ホームトピックス> 山形県東根市で防衛セミナーを開催
  
山形県東根市で防衛セミナーを開催しました
  
 11月30日(水)、山形県東根市の「さくらんぼタントクルセンター」において、「第32回防衛セミナー」を開催し、約150名の大勢の方々にお越しいただきました。

 本セミナーでは、「日本を巡る安全保障を考える」をテーマに、はじめに防衛研究所主任研究官の阿久津博康氏が「最近の朝鮮半島情勢と今後の展望」について、続いて、第6師団副師団長 兼 神町駐屯地司令の鳥海誠司陸将補が「激変する安全保障環境と自衛隊」について講演しました。

 また、講演に引き続き、第6音楽隊の「ミニコンサート」も行われ、素晴らしい演奏で聴講者を魅了しました。

 聴講された方々からは、「東南アジア情勢及び北朝鮮の動向について分かり易く聞くことができた」、「専門家の生の声を聞くことができ、ニュースでは分からない部分についても見識が深められ、大変有意義であった」、「大変分かり易く、自衛隊により親しみを覚えた」、「自衛隊の進化に驚き、多くの人々にその内容を知ってもらうことが必要と思った」などの感想が寄せられました。

 今後も、東北防衛局では、防衛政策や自衛隊の活動について、国民の皆様に広く理解していただくことを目的として、「防衛セミナー」を東北各地で実施します。
 

1 主催者挨拶
  東北防衛局長 深澤 雅貴

2 来賓挨拶
  東根市長 土田 正剛

3 「最近の朝鮮半島情勢と今後の展望」
  講師:防衛研究所 主任研究官 阿久津 博康

  「激変する安全保障環境と自衛隊」
  講師:第6師団副師団長 兼 神町駐屯地司令 鳥海 誠司 陸将補

4 「ミニコンサート」 第6音楽隊
 
主催者挨拶 深澤東北防衛局長 来賓挨拶 土田東根市長
   
講師 阿久津主任研究官 講師 鳥海副師団長
   
第6音楽隊によるミニコンサート 会場の様子
   
 サイトのトップページに戻る