自衛官募集に興味のある方 │ 山口県地本 自衛隊入隊

企業の人材不足に!退職自衛官の雇用

新着情報

更新日 内容
H28.4.20 予備自衛官等協力事業所地方協力本部長認定企業に認定書を交付いたしました。
認定書交付(PDF)
認定企業一覧(PDF)

企業のニーズに応え、課題に立ち向かえる人材が年間約9,100人

自衛官は、わが国の平和と独立を守るという国民から託された重要な任務を全うするため、日夜真剣に職務と訓練に従事しています。

また、職務と教育訓練は広範なジャンルにわたり、様々な職種・職域のスペシャリストとして、企業のニーズに応え、課題に立ち向かえる人材です。

定年制でも54~56歳、任期制は20代で退職する若者もいます。

自衛官は制度上、定年制で大部分が54歳~56歳、任期制は20歳代という年齢で退職する若者もいます。

自衛隊退職者は定年制でも働き盛りであり、技能と精強さに加え、職務遂行と教育訓練によって培われた企画力・指導力・実行力・協調性・責任感などに優れていると高い評価を受けています。この資質と能力は、いずれの分野でも必ずやお役に立つものと信じます。

年間を通して退職者が出ています。

定年退職者の退職日は誕生日とされており、年間を通して退職者が出ています。

任期制退職者の退職日は、任期満了の日とされており、毎年7月・10月に若干名、主に3月末に集中して退職者が出ています。

退職自衛官の状況について

山口県内自衛隊各基地等退職者

(1)定年退職隊員(H29年度予定)

陸上自衛官-23名
海上自衛官-35名
航空自衛官-16名

(2) 任期制隊員

陸上自衛隊(山口駐屯地)で約20名の退職者のほか、他駐屯地及び海空自衛隊から若干名の退職者。

(3) 山口県内の陸海空自衛隊各基地等就職援護機関

退職自衛官についての細部については、自衛隊山口地方協力本部援護課、又は県内陸海空自衛隊各基地等の就職援護機関にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ等

退職自衛官の雇用に関するお問い合わせ

電話によるお問い合わせ

自衛隊山口地方協力本部援護課企画班

083-922-2325

山口地域援護センター
083-920-6155

PAGE TOP