Design ©2012 とだ かづき/自衛隊山口地方協力本部 All Rights Reserved

 山口美陸 (やまぐち みり)」   次世代陸上支援機モデル

陸上支援のために開発されたアンドロイドモデル。これまで人間では困難だった条件下での救助活動等が可能になる。
多目的パワーアームにドリル・レーダーなどの追加パーツを装備することで様々な場面に対応できる。

頭の砲台からはBB弾が発射できるが、信号弾や照明弾なども装填可能である。


 山口美海(やまぐち みみ)」 次世代海上支援機モデル

海上支援のために開発されたアンドロイドモデル。各護衛艦や衛星とのデータリンクができ、リアルタイムで領海内の船舶の運航状況が確認できる。
三方を海に囲まれた山口県には、必要不可欠。



「山口美空(やまぐち みく)」 次世代航空支援機モデル

航空支援のために開発されたアンドロイドモデル。救助ヘリが運航できない悪天下でも安全に飛行でき、遭難者の早期発見ができる。
山岳地帯などを飛行可能になり、難しかった救助作業も安全に行える。

背中の飛行ユニット(通常はF−15型)を交換することで任務に応じた様々な高度帯、速度帯を選択して飛行できる。




★キャラクターコンセプト★

「幅広い年齢層に受け入れやすい萌えキャラクター」
他の自衛隊などの萌えキャラクターを参考にしつつも、自衛隊山口だけのオリジナリティを取り入れ、うまく他のキャラとの差別化を図りたいと考えました。キャラクターの設定や世界観などを工夫し、幅広い年齢層に受け入れやすいキャラクターを創作。萌えの効果でメッセージを世間に浸透させやすくします。

★キャラ設定★

萌えキャラとしての設定ですが、他との差別化を図る意味で「萌えメカ娘」というジャンルで考えました。生身の女の子の萌えキャラはこれまでに多数存在します。他の駐屯地の萌えキャラも生身の女の子です。しかし生身ではイラストとして表現できるバリエーションが極端に少ないのです。そこで考えたのが自衛隊員の支援を目的に造られた「次世代支援機」という設定の「萌えメカ娘」です。これならばイラストとしても様々なバリエーションが展開でき、なおかつ自衛隊独自の装備・乗り物・システムなど普段では解りづらいものをわかりやすく可愛く紹介することもできます。
「メカ」といってもただのロボットというわけではなく、様々な表情を魅せるアンドロイドという設定です。彼女たちは、時に隊員の友達、時に小さい子供たちのアイドル、時に災害派遣支援のキーパーソン、時に優秀な次世代端末など、多くの場面で活躍する自衛隊の新しいマスコットです。


★世界観★

<次世代支援機プロジェクト>
自衛隊の任務には多くの危険を伴う。その安全性・効率性を高めるために提案されたのがこの次世代支援機<Me>プロジェクトである。
身長 15センチ  体重 20キロ 総積載量 200キロまで

【特別に入隊することができました(笑)】
実際の入隊基準は・・・
女の子なので、150センチ以上 体重 43キロ以上です。

男子については、山口地方協力本部までお問い合わせください~♪