自衛隊和歌山地方協力本部 JAPAN SELF DEFFENCE FORCE WAKAYAMA Provincial Cooperation Office

〒640-8287和歌山県和歌山市築港1-14-6 073-422-5116

退職自衛官の活用

特別職国家公務員である自衛官は、若年定年制度がとられており、定年退職者は50歳代で、また任期制退職者は20歳代で自衛隊を退職します。これらの退職者は働き盛りであり、旺盛な気力・体力を有し、職務遂行と教育訓練によって優れた「企画力」「実行力」「指導力」「協調性」「責任感」「礼節」などが培われており、採用企業の皆様からも高い評価を受けております。

  • 強い責任感

    強い責任感
    厳しい規律の厳守と使命の自覚を通じた責任感

  • 高い協調性

    高い協調性
    任務遂行に必要な団体行動を通じた、組織の中での協調性

  • 優れた実行力と指導力

    優れた実行力と指導力
    厳しい教育訓練を通じた実行力と指導力

  • 優れた企画力

    優れた企画力
    多種多様な専門分野での計画・調整業務を通じた企画力

予備自衛官

予備自衛官、即応予備自衛官、予備自衛官補は、普段は社会人として企業などに勤務しつつ所要の訓練(教育)に参加します。予備自衛官等制度を円滑に運営するには、企業等の皆様のご理解とご協力が不可欠です。国家防衛のために、あるいは地域社会のために企業の皆様方には予備自衛官等が安心して招集訓練に出頭できるようご配慮の程をよろしくお願い致します。

企業・社会に貢献しています

画像説明文