自衛隊富山地方協力本部
〉リンク 〉サイトマップ 〉資料請求 〉お問い合わせ

〉利用規約
 〉プライバシーポリシー

JAPAN SELF DEFENSE FORCE TOYAMA PROVINCIAL COOPERATION OFFICE

トップ >自衛官になるには〉予備自衛官制度について


予備自衛官とは


予備自衛官は、非常勤の国家公務員。普段は
それぞれの職業に従事しながら、訓練招集命
令により出頭し、予備自衛官として必要な知
識・技能を維持するため年間5日間の訓練を
受けます。特に必要があると認められる場合
には国民保護等招集や招集に応じ、駐屯地の
警備を実施する等、後方地域で任務につきま
す。そのほか、第一線部隊の一員として、現
職自衛官と共に任務につく「即応予備自衛
官」、自衛官未経験者が予備自衛官となるた
めの訓練期間を設ける「予備自衛官補」とい
う制度もあります。

即応予備自衛官とは
予備自衛官補とは
1.対象者
募集要項
【元自衛官】
・ 自衛官として1年以上勤務した者で、それぞれの階級に応ずる年齢未満
 の者(海上自衛官、航空自衛官を含む。)
・ 職種により一部の自衛官は、採用年齢が異なります。(音楽科、警務科等)

【自衛官未経験者】
 まずは、「予備自衛官補」として採用し、所定の教育を経た後、予備
自衛官として任用されます。
2.応募資格
階級 2佐 3佐 1尉 2尉 3尉 准尉 曹長 1曹 2曹 3曹 士長 1士 2士
年齢 57歳未満 56歳未満 55歳未満 37歳未満
※ 階級のほか、職種により採用年齢は異なります。
3.採用について
・ 本人の志願に基づき、選考により採用します。
・ 採用時に階級、職種又は特技区分及び訓練招集訓練が指定されます。
・ 採用者には、採用決定次第、本人に通知(辞令書の交付)をします。
4.身 分
非常勤の自衛隊員(非常勤の特別職国家公務員)です。
5.任用区分
1任期  3年(継続任用も可能です。)
上限年齢  最終継続任用は61歳未満
6.訓練日程
・ 自衛官を退職して1年未満で採用された場合は、初年度出頭は各地方協力本部等で
 実施する「1日間訓練」
のみです。仕事や職場環境に慣れる時間を十分にとり、次年
 度の5日間訓練出頭へ向け準備できます。

・ 5日間訓練は連続で出頭することが望ましいですが、仕事の都合等やむを得ない場
 合は、2回に分割して出頭することが可能です。

・ 通常訓練の他、陸上幕僚監部が計画する中央訓練、他方面隊への転地訓練及び各方
 面隊で計画する6日間以上の訓練(自治体防災訓練・大規模演習等)への参加も可能
 です。

・ 訓練は主として土日を含む日程で設定されます
予備自衛官制度HPもご参考ください。
詳細については、お近くの募集案内(事務)所に お問い合わせるか下記のボタンをクリックして下さい。
自衛隊富山地方協力本部   所在地:〒930-0856 富山県富山市牛島新町6-24
TEL:(076)441-3271  FAX:TEL兼
E-mail : recruit1-toyama@pco.mod.go.jp
© 2008 JAPAN SELF DEFFENSE FORCE
Toyama Provincial Cooperation Office Allrights reserved