本部直通
076-441-3271
 自衛官は、わが国の防衛をはじめとするさま
ざまな任務を遂行するため、指揮官をはじめと
する各隊員の高い能力・知識・技能と部隊の高
い練度が求められ、隊員は日夜真剣に職務と教
育訓練に従事しています。
 
このような環境の中で磨かれた経験・技術は
もとより、退職自衛官の規律正しさ、真面目さ、
協調性、責任感、行動力・実行力などは、雇用
企業等から高い評価を受けています。
 自衛隊は、精強さを保つため、若年定年制
および任期制という制度を採用しており、多
くの自衛官が50歳代半ばおよび20歳代半
ばで退職することになっています。
〒930-0856
富山県富山市牛島新町6-24

自衛隊富山地方協力本部
企業の皆様へ
隊員の退職と再就職のための取組
自衛官の定年について
即戦力となる資質
 勤務する自衛官が退職後の生活に不安を抱く
ことなく厳しい任務を遂行するため、また、優
れた資質を有する人材を確保するためにも、退
職後の生活基盤の安定確保が不可欠です。
 
こうしたことから防衛省は、退職予定自衛官
の再就職に関する施策を、人事施策における最
重要事項の一つとしてとらえ、再就職に有効な
職業訓練や雇用情報の有効活用などの就職援護
施策を行っています。
 求人を希望される企業の方は、下記により求
人票を取得し、記入後、Eメールにて送信をお
願いします。
 
(添付ファイルをご自身のパソコンの任意の
場所に保存後、使用してください。)
 防衛省、各自衛隊、企業、職業安定機関、
財団法人自衛隊援護協会といった各機関のネ
ットワークにより退職自衛官の再雇用を支援
していきます。
自衛官の定年について
即戦力となる資質
就職援護組織
自衛隊富山地方協力本部トップ
就職援護組織
求人の申込み(求人票の取得)
自衛官になるには
資料請求 | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ | サイトマップ
自衛隊を体験する
© 2008 JAPAN SELF DEFFENSE FORCE Toyama Provincial Cooperation Office Allrights reserved
富山地本について
予備自衛官関連