自衛官の定年について
トップ > 退職自衛官の採用 > 退職自衛官人材情報

退職自衛官の人材情報

自衛隊を定年退職し、東京都内に就職を希望している隊員の情報です。


退職自衛官人材情報

※(-財)自衛隊援護協会のホームページに移動します。

一般の公務員とは異なる定年制度等

自衛官は、その任務の特殊性等から、若年定年制及び任期制という制度をとっています。

退職年齢

定年制

世間一般に言う終身雇用制度ですが、自衛隊の精強性を保つため、他の公務員に比べ 定年退職年齢が若く設定されており、その退職年齢は階級により異なります。

幹部
将・将補
60歳
◆1佐
56歳
◆2佐・3佐
55歳
◆1尉・2尉・3尉
54歳
准・曹
◆准尉・曹長・1曹
54歳
◆2曹・3曹
53歳

※退職する日は上表の満年齢に達した誕生日とされており、年間を通じて退職者が発生します。

任期制

任期を区切って自衛官を任用する制度です。1任期は、陸上自衛隊は2年間(特定技術職域の者は志願により3年間)、海上自衛隊と航空自衛隊は3年間で、2任期以降は各自衛隊ともに2年間です。

1任期満了退職者
平均20歳
2任期満了退職者
平均20歳

※退職する日は任期満了の日とされており、毎年3月と4月に集中して退職者が発生します。

詳細についてはお近くの募集案内所等に問い合わせるか、
下記の資料請求をクリックして下さい。

資料請求
ページTOPへ
©2008 JAPAN SELF DEFENSE FORCE TOKYO Provincial Cooperation Office. All rights reserved.

PAGE TOP