イーストサイドストーリー

  

トップ > 東京地本を知る > イーストサイドストーリーvol.37

イーストサイドストーリーvol.37

2018.1.9



楠見本部長紹介


 明けましておめでとうございます。
 皆様におかれましては、輝かしい新年をお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。 本年もイーストサイドストーリを開いていただきまして、ありがとうございます。 拙文ではありますが、今年も日頃の出来事を通じて感じたことなどを綴っていきたいと思いますので、どうかよろしくお願いします。
 年が明けて1月2日、人生で初めて新年の一般参賀に行って参りました。 昨年、陛下のご退位の時期が決まったこともあり、今年は過去最高の12万人を超える方が訪れたようで、 桜田門をくぐるとそこはもうかなりの人出でしたが、警察官の統制の下、大勢の人々が整斉と並ぶ様子が印象的でした。
 二重橋を渡り皇居正門へと進むにつれて、次第に緊張感が高まっていくのを感じながら、 いよいよ宮殿前の広場に入って行きました。広場には参賀に集まった人が2万人程いたでしょうか。 天皇皇后両陛下がお出ましになるまでの40分程の間、あれだけ大勢の人々が密集している空間の中で、 誰もが立ち位置からずっと動かず、大きな声や笑い声が聞こえることなく、もちろん待ちながら飲食などをしている人もなく、 皆がじっと静かにその時を待っている。陛下がお言葉を述べられた際は、数万人がその場にいるとは思えないほどの静寂さ... 私もその場に立ちながら、これも皇室に対する畏敬の念の現れと、規律正しい日本人の素晴らしさだと感心し、 改めて自分もこの日本に生まれたことを誇りに思ったところです。天皇陛下のお言葉を拝聴し、清らかな気持ちとともに皇居を後にしました。
 国を愛する気持ち、それは自分の国の良いところに一つでも多く気付くことによって高まっていくものと思います。 そしてその大切な国の平和と安全は、日本人自身の手で守っていかなければなりません。 国際情勢が決して平穏であるとは言えない昨今の状況の中で、今年一年、我が国が平和で安全であることを心から祈念するとともに、 今年も東京地本としての役割をしっかりと果すことを誓いたいと思います。
 末筆ながら、皆様の本年一年のご多幸を祈念申し上げますとともに、本年も、 皆様からの変わらぬご理解・ご協力を切にお願い申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。





イベント情報

イベント情報はこちら

最寄りの東京地本事務所はこちら

最寄りの東京地本事務所はこちら

新企画


見学・航海事前エントリー
海上自衛隊基地見学・艦艇体験航海事前エントリー
事前エントリーして頂いた方に抽選で、海上自衛隊基地見学と艦艇体験航海の細部情報を、 どこよりも早くメールにてご案内する企画です。 1回のエントリーで実施時期の間の全てのイベントに当選のチャンスがあります。
詳しくは⇒情報を見るをクリック




自衛官オフィスツアー
自衛官オフィスツアー
オフィスツアーは、“働く自衛官”をご紹介するツアーです。
 皆さんが具体的に自衛隊の仕事をイメージできる参加型説明会です。 今回ご案内しますのは「語学授業体験型インターンシップ」の自衛官オフィスツアーです!ぜひエントリーして下さいね☆
詳しくは⇒情報を見るをクリック


バックナンバーは下のバナーをクリックして下さい。








©2008 JAPAN SELF DEFENSE FORCE TOKYO Provincial Cooperation Office. All rights reserved.

PAGE TOP