本文へスキップ

防衛省自衛隊栃木地方協力本部

TEL. 028-634-3385

〒320-0043 栃木県宇都宮市桜5-1-13



とちぎ地本活動日記

 ここでは、栃木地方協力本部(栃木地本)が行った広報展の様子や、訓練の様子などを載せていきます。
栃木地本がどんなことをしているのかをお伝えしていきますので、ぜひチェックしてくださいね!


NEW 黒羽あじさい祭・特務艇はしだて体験航海

2018.7.1(日)・3(火)
  
↑海上自衛官のセーラー服を着て「敬礼!」       ↑大人気の組紐教室

7月1日(日)くろばね紫陽花まつりに参加してきました。
期間中は各種イベントが開催され、栃木地本は初めて参加してきました。
栃木地本ブースでは陸海空自衛官の制服試着や組紐体験教室を体験できるブースで、たくさんの方々に自衛隊に興味を持っていただけました。
陸海空自衛官の制服の試着では、満開の紫陽花の前で自衛官に変身した可愛い写真を撮っていました。
組紐作成教室では子供たちが自衛官と一緒に一生懸命作っていました。
当日は気温が高いにも関わらず、栃木地本のブースにたくさんの方々が遊びに来てくれました。
ありがとうございました。

  
↑出航前に特務艇はしだの前で記念撮影         ↑艦橋の説明
  
↑隊員の仕事を上から見る学生達            ↑もやい作業中の乗員

2018.4.8(日)

7月3日(火)晴海埠頭から横須賀基地まで、特務艇はしだての体験航海に参加してきました。
栃木地本からは海上自衛隊の仕事に興味がある学生3名が参加しました。
「はしだて」は国内外の要人を招いての式典や、災害派遣では医療・給食・指揮支援などを任務の一つとします。
天候は晴れで気温も高かったですが、航海が始まると風も強く、快適な体験航海でした。
船内では乗員が「はしだて」の説明や、海上自衛隊の職種説明をしていただき、参加者からは「乗組員の時と、陸上勤務の時の体験談を聞けて良かった」「はしだての仕事は護衛艦とはまったく違い、勉強になった」といった声が聞けました。
これからも海上自衛隊の魅力を広めていきたいと思います。




 北宇都宮駐屯地開設45周年記念行事・ふれあい健康福祉まつり

2018.5.27(日)
  
↑制服を着て「敬礼!」                ↑大人気の缶バッジ作成

5月27日(日)、北宇都宮駐屯地開設45周年記念行事に制服試着や、缶バッジ作成といった募集広報を実施してきました。
栃木地本ブースでは子供や大人にも大人気の缶バッジ作成はたいへん大人気で、長蛇の列ができ一つしかないオリジナル缶バッジを楽しそうに作っていました。
北宇都宮駐屯地は航空機部隊の為、制服試着ではパイロットのヘルメットが大人気でした。
陸海空自衛官の制服を試着し、自衛隊バージョンのとちまるくんの前で写真を撮って可愛い自衛官に変身していました。
今回もたくさんの方々が栃木地本ブースに遊びに来てくれ賑やかなブースになりました、ありがとうございます。

北宇都宮駐屯地記念祭以外に行われた広報展写真↓↓↓
  
↑コマツフェスティバル2018            ↑フェスタmy宇都宮

↑ふれあい健康福祉まつり




 自衛隊グリーンフェスタ2018

2018.5.12(土)
  
↑東部方面音楽隊によるパレード            ↑海上自衛隊移動広報(BMO)によるブース   
↑第12特科隊員によるラッパ演奏           ↑海上自衛官によるサイドパイプ披露   
↑炊事車による炊き出し訓練展示            ↑カレー配布   
↑WAPC(装輪装甲車)の展示            ↑偵察用オートバイの展示   
↑「ニックス」による姉妹漫才             ↑栃木県自衛隊広報大使 岩下淳子氏によるピアノ演奏  
↑組みひも作成教室のブース              ↑81式短距離地対空誘導弾 短SAM展示

宇都宮市オリオンスクエアにおいて、自衛隊栃木地方協力本部主催による自衛隊グリーンフェスタ2018を開催しました。
本イベントは「栃木県民とのふれあいの場を作り、自衛隊を身近に感じてもらうとともに、地域の活性化に寄与する」事を目的として今年で5回目の開催になります。
イベントには陸上自衛隊から宇都宮駐屯地所属の第12特科隊、中央即応連隊、第12高射特科中隊(群馬県相馬原駐屯地)、東部方面音楽隊(朝霞駐屯地)が、海上自衛隊から横須賀地方総監部の移動広報(BMO)が参加してくれました。
栃木県自衛隊広報大使である岩下氏によるピアノ演奏及び、宇都宮市出身の漫才コンビである「ニックス」による姉妹漫才は市民の方々に愛されるネタで会場を盛り上げてくれました。
他にも普段見る事の出来ない自衛隊車両の展示や、自衛官の制服試着、組ひも教室、南極の氷を触れるブースは体験型ということもあり大人から子供まで大人気でした。
第12特科隊員によるラッパ演奏及び栃木地本隊員によるサイドパイプ披露は普段耳にする事がない為か来場者からは大変好評で来場者から「ラッパは生演奏なの?」「どのくらいで吹けるようになるの?」「海上自衛隊はラッパ以外に予令で吹くことがあるんだね」や「艦に乗った事あるけど気づかなかったよ」「セーラー服カッコいいね」といったお言葉をいただきました。
これからも各地のイベントに栃木地本ブースを設置し、たくさんの方々に自衛隊を知っていただきたいと思います。




 とちてれ☆アニメフェスタ2018・ツインリンクもてぎ働くクリマ大集合

2018.5.5(土)
  
↑とちてれアニメフェスタ栃木地本ブース        ↑働くクルマ大集合!!自衛隊車両展示

5月5日(土)、こどもの日では栃木県内で催されたイベントに参加してきました。
宇都宮市オリオン市民広場では「とちてれ☆アニメフェスタ2018」に自衛隊広報ブースを設置し、コスプレをした方々や、自衛隊のしごとに興味がある学生が熱心に広報官の説明を聞いていました。
ツインリンクもてぎでは「働くクルマ大集合!!」では快晴の中、陸海空自衛官の制服試着に長蛇の列ができ、制服を着た子供たちが普段乗ることの出来ない偵察バイクにまたがりポーズをとっていました。
缶バッジ作成ではデザインに色を塗ったり、名前を入れてオリジナル缶バッジを作って楽しんでいました。
展示車両では82式指揮通信車・軽装甲機動車・偵察バイクといった普段見る事の出来ない自衛隊車両に子供達以外にも大人の方々が食い入るように見ていました。
これからも各地のイベントに栃木地本ブースを設置し、たくさんの方々に自衛隊を知っていただきたいと思います。




 藤岡さくらまつり・宇都宮駐屯地68周年記念行事

2018.4.7(土)
  
↑海上自衛官のセーラー服を着て「敬礼!」       ↑大人気の缶バッジ作成

4月8日(土)、藤岡さくらまつりに参加してきました。
自衛隊ブースでは子供や大人にも大人気の缶バッジ作成は大人気で、午前中で終了してしまいました。
午後からは急遽、紙飛行機教室を実施し、地本ブースの前は子供たちが作ったブルーインパルスの紙飛行機が飛び交っていました。
陸海空自衛官の制服を試着し、宇都宮駐屯地からの支援で第12特科隊の高機動車の前で写真を撮って可愛い自衛官に変身していました。

  
↑広報官から自衛隊の説明を受ける学生       ↑階級章の説明を受ける来場者

2018.4.8(日)

4月8日(日)、宇都宮駐屯地創立68周年記念行事で駐屯地一般公開でした。
栃木地本ブースでは陸海空自衛官の階級章・防衛記念章の展示をし、たくさんの方々に興味を持っていただき近くの広報官に「自衛官候補生から入っても幹部になれるのかしら?」「防衛記念章はどういった時にもらえるの?」といった質問をしていました。
缶バッジ作成は、とちまるくんと自衛隊のコラボが大人気で準備していた200個は午前中でなくなってしまいました。
制服試着では陸上自衛隊の記念祭のため、陸上自衛官の制服や迷彩服が大人気でした。
募集ブースにも自衛官を目指している方々がたくさん来てくれました。
30年度も広報展に参加していきますので、イベントインフォメーションの確認お願いします。
皆さんのお越しをお待ちしています。




1  

バナースペース

自衛隊栃木地方協力本部

〒320-0043
栃木県宇都宮市桜5-1-13

TEL 028-634-3385
FAX 028-634-3387
MAIL:adm1-tochigi@pco.