訓練形態訓練日程応募資格等訓練風景お問合せ

予備自衛官補

 自衛官未経験者を予備自衛官補として採用し、所要の教育訓練を経た後、予備自衛官として任用する制度です。国民に広く自衛隊に接する機会を設け、防衛基盤の育成・拡大を図るとの視点に立って、将来にわたり、予備自衛官の勢力を安定的に確保し、更に情報通信技術(IT)革命や自衛隊の役割の多様化等を受け、民間の優れた専門技能を有効に活用し得るよう、予備自衛官制度へ公募制(予備自衛官補制度)を導入しました。

←陸上自衛隊HP

※現役予備自衛官等への重要なお知らせはこちらをクリック

予備自衛官補訓練形態

予備自衛官補の訓練日程

「訓練日程ダウンロードはこちらをクリック(PDF)」

 

 

予備自衛官補の応募資格等

応募資格

採用年齢
一 般 18歳以上34歳未満
技 能 18歳以上で、保有する技能に応じ53歳~55歳未満
◆「技能」採用予定の資格 
※採用予定の技能資格は年度により異なります。
※現在予備自衛官の者が上記資格を保持又は取得した場合は、技能公募予備自衛官と同等の階級が付与されます。
技能区分
技能の資格
医療従事者
医師、歯科医師、薬剤師、臨床心理士、理学療法士、作業療法士、診療放射線技師、臨床検査技師、看護師、救急救命士、栄養士、准看護師、歯科技工士
語学
英語、ロシア語、朝鮮語、中国語、アラビア語、フランス語、ポルトガル語、スペイン語
情報処理

システムアナリスト、プロジェクトマネージャ、アプリケーションエンジニア、プロダクションエンジニア、第1種情報処理技術者、ソフトウェア開発技術者、ネットワークスペシャリスト、データベーススペシャリスト、システム運用管理エンジニア、テクニカルエンジニア(ネットワーク、データベース、システム管理、情報セキュリティー、エンベットシステム)、上級システムアドミニストレータ、情報セキュリティーアドミニストレータ、第2種情報処理技術者、基本情報技術者、システム監査技術者、応用情報技術者、ITストラテジスト、システムアーキテクト、エンベデットシステムスペシャリスト、情報セキュリティスペシャリスト、ITサービスマネージャ

通信
第1級総合無線通信士、第2級総合無線通信士、第3級総合無線通信士、第1級陸上無線技術士、第2級陸上無線技術士、AI第1種工事担任者、アナログ第1種工事担任者、DD第1種工事担任者、デジタル第1種工事担任者、AI・DD総合種工事担任者、アナログ・デジタル総合種工事担当者
電気
第1種、第2種又は第3種電気主任技術者免状の交付を受けている者
土木建築
1級又は2級建築士、測量士、測量士補、1級又は2級建築機械施工技士、木造建築士、1級又は2級建築施工管理技士、1級又は2級土木施工管理技士、1級又は2級管工事施工管理技士
整備
1級大型又は小型自動車整備士、1級又は2級二輪自動車整備士、2級ガソリン自動車整備士、2級ジーゼル自動車整備士、2級二輪自動車整備士
放射線管理
第1種又は第2種放射線取扱主任者
法務
弁護士、司法書士

※詳しい募集要項は下記バナーをクリック

ー参考資料ー
・予備自衛官補募集要項(一般公募)(PDF:1.9M)
・予備自衛官補募集要項(技能公募)(PDF:2.2M)
・予備自衛官補募集パンフレット(PDF:1.4M)

予備自衛官補の訓練風景

 

お問合せ

自衛隊静岡地方協力本部 
〒420-0821 静岡市葵区柚木366 TEL:054-261-3151 FAX:054-261-3153

◆予備自衛官補の採用に関することは募集課
 e-mail:hq1-sizuoka@pco.mod.go.jp

◆訓練日程など募集以外のことは援護課
 e-mail:reserve1-sizuoka @pco.mod.go.jp

「即応予備自衛官」・「予備自衛官」に関するお問合せは援護課まで

 

▲ページTOPへ