訓練形態応募資格等訓練風景お問合せ

即応予備自衛官

 即応予備自衛官は、非常勤の特別職国家公務員として、普段はそれぞれの職業に従事しながら、訓練招集命令により出頭し、即応予備自衛官として必要とされる知識・技能を最底限確保するため、年間30日間の訓練に応じます。
 有事等の場合には、防衛招集命令、国民保護等招集命令あるいは治安招集命令により出頭し、即応予備自衛官から自衛官となり現職自衛官とともに防衛招集、国民保護等招集あるいは治安招集に応じます。また、大規模な災害等が発生し、現職自衛官により構成される部隊だけでは対応が不十分な場合には、災害派遣等に派遣され、部隊の一員として活動します。

陸上自衛隊即応予備自衛官のページへ←陸上自衛隊HPリンク

※現役予備自衛官等への重要なお知らせはこちらをクリック

即応予備自衛官訓練形態

区   分 主な訓練内容 必須日数 訓練形態
個人としての訓練
Aタイプ
精神教育、野外勤務等
2日
2日
Bタイプ
小火器射撃、基本教練等
6日
2日
2日
2日
Cタイプ
特技訓練等
8日
2日
2日
2日
2日
部隊訓練
Dタイプ
班レベルの部隊訓練
4日
4日

 

Eタイプ
小隊レベルの部隊訓練
6日
3日
3日
Fタイプ
中隊レベルの部隊訓練
4日
4日
合 計
30日

 

即応予備自衛官の応募資格等

応募資格

対象者

自衛官として、1年以上勤務し退職後1年未満の元陸上自衛官又は陸上自衛隊の予備自衛官として採用されている者。

階 級
2尉
3尉
准 尉
曹長
1曹
2曹
3曹
士長
1士
年 齢
51歳未満
50歳未満
32歳未満

 

採用

 本人の志願に基づき、選考により採用します。

身分

 非常勤の自衛隊員(非常勤の特別職国家公務員)です。

任用期間

 1任期3年(継続任用も可能です。)

 

即応予備自衛官の訓練風景

 

お問合せ

自衛隊静岡地方協力本部 援護課
〒420-0821 静岡市葵区柚木366 TEL:054-261-3151 FAX:054-261-3153
e-mail:reserve1-sizuoka @pco.mod.go.jp

「予備自衛官補」の採用に関するお問い合わせは募集課まで

 

▲ページTOPへ