しずぽんの旅

仁科峠・西天城高原

しずぽんの旅 奥野ダム・松川湖仁科峠・西天城高原に行ってきたポン 仁科峠は天城湯ヶ島と賀茂村の境にあたり、標高900m、猫越火山群の中央部に位置。眺望に恵まれており、伊東でも最も美しい峠とも呼ばれているポン 西天城高原は標高750mの爽やかな高原ポン 澄みきった空気、熊笹の緑、天城の山と駿河湾が広がる風景の中乳牛が放牧され、晴れた日には南アルプスや富士山も望めるポン


しずぽんの旅 奥野ダム・松川湖 しずぽんの旅 奥野ダム・松川湖 しずぽんの旅 奥野ダム・松川湖

黄金崎公園・黄金神社

しずぽんの旅 奥野ダム・松川湖黄金崎公園・黄金神社に行ってきたポン
黄金崎公園は駿河湾に面し、夕日で黄金色に染まる美しい崖で知られる、西伊豆を代表する夕日スポットだポン 公園内にある黄金神社には古くから小石を社にお供えすると恋がかなうという言伝えがあるポン


しずぽんの旅 奥野ダム・松川湖 しずぽんの旅 奥野ダム・松川湖 しずぽんの旅 奥野ダム・松川湖

一碧湖

しずぽんの旅 奥野ダム・松川湖一碧湖に行ってきたポン
これは「伊豆の瞳」と呼ばれ、周囲4kmのひょうたん型の景観の美しい湖なんだポン!
この湖はバス釣りでも有名で、まぼろしの大物もいるとか...なんだってポン\(゜ロ\)(/ロ゜)/


しずぽんの旅 奥野ダム・松川湖 しずぽんの旅 奥野ダム・松川湖 しずぽんの旅 奥野ダム・松川湖

奥野ダム・松川湖

しずぽんの旅 奥野ダム・松川湖奥野ダム・松川湖に行ってきたポン
これは補助多目的ダムで、伊豆半島を流れる河川に建設された河川法上のダムとしては初の例なんだポン!
ダムによって形成された人造湖は松川湖と呼ばれるんだポン( ..)φメモメモ


 
 


しずぽんの旅 奥野ダム・松川湖 しずぽんの旅 奥野ダム・松川湖 しずぽんの旅 奥野ダム・松川湖

賀茂神社

賀茂神社に行ってきたポン
奈良時代の和銅元年に、京都の上加茂神社から勧請されたと伝えられているポン
賀茂神社の社叢は、県指定天然記念物ポン
鎮守の森として長い間自然のまま大切に保護されてきたことから、植物の種類や量が変化
(遷移)しなくなり、この環境条件にあった植物で安定した森となったポン





賀茂神社 賀茂神社 賀茂神社

相良油田の里公園

相良油田の里公園に行ってきたポン
相良油田坑の跡地に整備された公園ポン
園内には、手掘井戸の小屋や、相良油田坑に関する資料館があり、昔の石油採掘の様子を学ぶことができるポン

また、大自然の真ん中でアスレチックやバーベーキューなど楽しむことも出来るポン
 
 


白浜公園・浜岡砂丘

白砂公園・浜岡砂丘に行ってきたポン
白砂公園は浜岡砂丘の入口にある公園ポン
松林が続く散策路では、砂丘に生息する様々な草花や動物たちと出会うことができるポン
浜岡砂丘は太平洋側最大級の砂丘地帯ポン
砂丘入口の東側にある石像、波小僧は遠州の七不思議の一つポン

 


 

煌めきの丘

煌めきの丘に行ってきたポン
太陽の位置によって、海面がキラキラと煌めいて見えるため、煌めきの丘と命名されたポン
正面に富士山を臨み、駿河湾に沈みゆく夕日が絶景ポン
階段を下りていくと遊歩道があり、散策しながら井田松江古墳群や明神池を見ることが出来るポン

 

 

吉岡大塚古墳

吉岡大塚古墳に行ってきたポン
吉岡大塚古墳は、前方部が西を向く前方後円墳で、全長55メートル、和田岡古墳群の中では3番目の大きな古墳ポン
墳丘と立地から、5世紀中頃に構築された首長の墓と推定されているポン

 

 

清水清見潟公園

118-1清水清見潟公園に行ってきたポン 清水清見潟公園は約5kmに渡る帯状の細長い公園ポン 園内は4ブロックに分かれていて、プールや体育館、芝生広場等、遊び場がいっぱいポン 公園の端から端まで散策したら、結構な運動になったポン

 

 

 

 

丸火自然公園

118-1丸火自然公園に行ってきたポン 丸火地帯の天然林100ヘクタールを利用してつくられている自然公園ポン 春には木々の芽生え、夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色など四季折々の表情を見せてくれる自然豊かな園内では、自然や野鳥の観察、自然を体で感じながらの散策、仲間とバーベキュー等、いろいろな楽しみかたができる場所ポン アスレチック、少年自然の家、丸火自然館、キャンプ場などの施設もあるポン

 

 

 

白尾山公園

118-1白尾山公園に行ってきたポン
園内には、全長65mのローラーすべり台、人工芝を張り合わせた人工芝すべり台、大型複合遊具等あり、子供ずれで楽しめる場所になっているポン
富士山の眺めも最高ポン

 

 

 

 

水と緑の杜公園

118-1水と緑の杜公園に行ってきたポン
桃沢川上流に位置した、自然とふれあうことができる公園ポン
桃沢川の地形を生かしており、水遊びをするには最適な場所になっているポン
駐車場も広く、休憩所、トイレも整備されており、家族で自然を楽しみながらのんびりできるポン

 

 

大棚の滝

118-1愛鷹山系随一の美しい須津川渓谷にある大棚の滝に行ってきたポン
滝壺まで下りることができ、落下(落差21m)する清水を近くで見ることができる滝ポン
地上54mの高さに架かる須津峡谷橋からは、滝を見下ろせる。また、大棚の滝を見ながら大自然に向かってジャンプする、バンジージャンプができる施設もあるポン

 

 

富士山さくらの園

118-1富士山さくらの園に行ってきたポン
富士宮市制60周年記念事業の一環として平成15年3月末に開園したポン
比較的長い期間桜を楽しめることができ、市の花である「フジザクラ」をはじめとした開花時期の異なる全国各地の桜、40種類200本が植えられているポン 春にも秋にも桜が咲く、自然豊かな公園ポン

 

 

森林果樹公園

森林果樹公園に行ってきたポン
小笠山北麓の美しい自然を活かして造られた公園ポン
園内には40種1,200本余りの果樹が栽培されていて、発芽、開花、結実、剪定など1年を通じて自然の営みにふれることができるポン 梅の収穫を見ることが出来たポン

 

 

明星山公園

明星山公園に行ってきたポン
富士宮市内で一番広い風致公園ポン
自然に恵まれた園内は山野草の観察、バードウォッチング、散策など楽しめるポン 頂上の展望台からは富士宮市内一望でき背景には雄大な富士山を見ることができるポン

 

 

(独)農業・食品産業技術総合研究機構(果樹茶業研究部門)

農業・食品産業技術総合研究機構に行ってきたポン
果樹農業の発展と豊かな食生活に貢献するために、品質の優れた果実を安定的かつ効率的に供することを目的とした基礎的・先導的な試験研究を行っているポン
毎年「興津寒桜まつり」に合わせて、一般公開を行っており、研究内容の展示、新品種や珍しい品種の展示を見ることができるポン

 



 

沼子弁天公園

沼子弁天公園に行ってきたポン
沼子弁天公園は、鯉のぼりに金太郎が描かれるもととなった伝説が残るところポン
「沼子の弁天さん」と呼ばれる、名誉、福徳、弁舌、知恵等のご利益がある大聖弁財天神が祀られているお堂が建てられているポン

 




 

法多山尊永寺

可睡斎、油山寺とあわせて遠州三山と呼ばれる古殺、法多山尊永寺に行ってきたポン
本尊は聖観音。由緒ある厄除け観音として知られているポン
法多山には仁王門、金銅五種鈴、田遊祭、黒門の四つの文化財があるポン

法多山名物「厄除団子」、とても美味しいポン




 

旅人岬

旅人岬に行ってきたポン
岬からは180度以上のパノラマが拡がり海越しの夕陽の絶景ポイントポン
展望台中央には「家族」と銘されたブロンズ像があり、夕日をバックした輝くブロンド像は感動的ポン
ブロンズ像の中央に挟まれ、家族の一員になった気分ポン

 



 

富士登山

今年の夏は静岡地本の仲間たちと富士山に登ってきたポン。

静岡を象徴する富士山を登るのは何年も前からの念願だったポン。
4つの登山ルートの中で今回選んだのは、静岡地本から一番近い「富士宮ルート」だポン。他の3ルートに比べ、五合目から山頂までの距離と登山時間が一番短いけど、その分傾斜がきついというなかなか大変な旅になったポン。
一緒に来た仲間たちがボロボロになりながらも全員が最後まで登りきった時は感動したポン
上の写真は、日本で一番標高が高い「剣ヶ峰」(標高3,776m)で撮ったポン。
今回初めて富士山に登ったけど、他の3つのルートも登りたいし、「ご来光」も見たいし、「お鉢巡り」もしたいから、来年も絶対に富士山を登りに来るポン!約束だポン!

 



柿田川公園

柿田川公園に行ってきたポン
東洋一の湧水量を誇る柿田川の「湧き間」を見ることが出来る公園ポン
第一展望台、第二展望台から見る、湧水の透明度に感動ポン
水遊びができる湧水広場、恋を祈る神社・貴船神社、柿田川を眺めながら散策できる遊歩道があるポン
柿田川の清流を見ていると、優雅な気持ちになれるポン

 



伊豆山神社

伊豆山神社に行ってきたポン
伊豆の地名の発祥地である伊豆山神社は、源頼朝と北条政子が結ばれた場所であることから、縁結びの神社として親しまれているポン
江戸時代には伊豆大権現と呼ばれ、徳川家康も参拝に訪れた歴史のある神社ポン
手水舎には赤い龍と白い龍がいるポン

 



みかんの花咲く丘童謡碑

みかんの花咲く丘童謡碑を見に行ってきたポン

亀石峠へ向かう自動車道路を半分くらい登った、宇佐美海岸を見下ろす素晴らしい景観の場所にあるポン

「みかんの花咲く丘」は、第2次世界大戦の終戦直後に生まれた。一幅の絵画を思わせるもので、敗戦に打ちひしがれた国民に受け入れられ、新風を捲きおこし一世を風靡し戦後の暗い世相の人々の心に明るい灯火をともしたポン

日本を代表する童謡の名作の1つとして知られ、現在も広く国民に愛唱されているポン

 




ふるさと体験の森 ゆうゆうらんど

ゆうゆうらんどに行ってきたポン
身近なふるさとの自然の中で、遊びのある体験を通して、ふるさとの良さや自然の森の大切さを認識し、一日ゆったりした時を満喫できる憩いの場ポン

田園風景が一望できる展望台、長さ75メートルのジャンボ滑り台があるポン

 





びく石ふれあい広場

びく石ふれあい広場に行ってきたポン
豊かな自然が最大の魅力になっている公園ポン
芝生広場で遊んだり、お弁当を食べたり、瀬戸谷の豊かな自然を満喫できるポン

標高526mの石谷山山頂付近は、茶摘みに使う「びく」に似た大きな岩があることから「びく石」と呼ばれているポン

 





プラザロコ

新金谷駅前にあるプラザロコに行ってきたポン
かつて大井川鉄道で使われていたSL車両、可愛い電車やミニSL、鉄道模型、昭和初期の頃の駅舎が再現展示されており、当時の雰囲気が味わえる博物館になっているポン

 







大室山

お椀をふせたような柔らかな曲線のシルエットが美しい大室山に行ってきたポン
伊東市にある標高580mの火山、伊東市のシンボル的存在ポン
登山リフトに乗れば6分ほどで山頂に着き、火口縁には遊歩道が整備されており富士山をはじめ南アルプス、伊豆七島、房総半島を見渡しながらお鉢回りすることが出来るポン
大室山の山焼きは700年以上の歴史があるポン
山体は国の天然記念物及び富士箱根伊豆国立公園に指定されているポン

 




岩本山公園

岩本山公園に行ってきたポン
標高193m余の丘陵地を利用した自然公園ポン
園内には芝生大広場、樹木園、展望台(3ヶ所)のほかハイキングコースも整備されており、市民の憩いの場となっているポン

張出し展望デッキから見える夜景はおすすめポン







粟ヶ岳山頂・阿波々神社

粟ヶ岳山頂・阿波々神社に行ってきたポン
標高532メートルの粟ヶ岳(あわがたけ)の山頂にある展望台から牧之原大茶園、大井川、南アルプス、富士山などが見渡せる最高の眺めポン
阿波々神社には遠州七不思議の1つ「無間の井戸」、地獄まで続いているといわれる「地獄穴」等があるポン
阿波々神社の社叢(しゃそう=鎮静の森)は県天然記念物に指定されているポン






十国峠

十国峠に行ってきたポン
その昔「伊豆・駿河・遠江・甲斐・信濃・武蔵・上総・下総・安房・相模」を見渡せたことが、この名の由来ポン
視界360度。山頂からは、北に富士山、西に駿河湾、東に相模湾が広がる景色は、日本一の景色と言っていいぐらい素晴らしいポン
頂上へは十国登り口駅から十国峠駅をつなぐ、レトロなつるべ式(交走式)ケーブルカーで行けるポン

移動間、運転手さんが素敵な声で十国峠を分かりやすく解説してくれるポン




田貫湖

田貫湖に行ってきたポン
周囲約4km、水深約8mの人造湖ポン
大自然の中でキャンプ、バーベキュー、ヘラブナ釣り、ボート遊び、サイクリング等を楽しめる場所になっているポン
富士山頂から朝日が昇り、光り輝くダイヤモンド富士・湖に映る逆さ富士を見ることができるポン





鵜山森林公園

 県の天然記念物「鵜山の七曲り」の半島部分のひとつに整備された、鵜山森林公園に行ってきたポン
 森林ウォーキングや川遊び、芝生広場にあるフィールドアスレチックで、のびのびと遊べる公園ポン
 散策路からは大井川の流れを一望できるポン






竜門の滝(横臥褶曲)

 竜門の滝に行ってきたポン
 島田市を流れる大井川枝沢に懸かる落差20mの直瀑の滝ポン
 この滝は静岡県指定文化財の指定されており、また背後の岩盤が「横臥褶曲(おうがしゅうきょく)」という特徴的な姿をした天然記念物ポン






高天神城跡

 高天神城跡に行ってきたポン
「高天神を制するものは遠州を制する」といわれた要衝。戦国時代に徳川・武田の両雄が攻防戦を繰り広げた決戦場で、東海一の堅塁を誇った山城ポン
 標高132mの鶴翁山の地形を巧みに活かした高天 神城は「難航不落の名城」と呼ばれていたポン
 城跡は国の文化財に指定されているポン




鉄道歴史館

 天竜浜名湖線天竜二俣駅鉄道敷地内にある、鉄道歴史館に行ってきたポン
 転車台、扇形車庫、転車第SL時代に蒸気機関車に水を供給した高架貯水槽、
 運転区浴場等、国の登録有形文化財に指定されているものが数多くあるポン
 扇形車庫に収められているディーゼルカーを実際に動かし、転車台の上でターンさせて、もう一度扇形車庫に戻すという作業の実演は必見ポン
 全国的に見ても貴重な鉄道遺産になっているポン

 



高根白山神社・鼻崎の大スギ

高根白山神社に行ってきたポン
 高根白山神社へ登る参道の入り口に立って雄大な姿を見せている鼻崎の大スギは御神木として大切に護られてきた静岡県指定天然記念物ポン
 神社の両側には水枯れしない泉があり、この神水が志太平野を潤したと伝えられているポン

 三間社流造で江戸前期の様式の本殿は、昭和57年藤枝市指定文化財になったポン

 



竹ヶ沢公園

竹ヶ沢公園に行ってきたポン
 竹ヶ沢公園は明治からあった旧家の庭園を修復、整備した静かな公園ポン
 園内は樹木に囲まれ、澄みきった水の池があり、とても風情がある場所ポン   

 6月上旬から中旬は、ほたる祭りも行われ散策におすすめだポン

 


史跡田中城下屋敷

田中城下屋敷に行ってきたポン
 江戸時代後期におかれた、藩主の別荘庭園である下屋敷跡は、庭園を復元し、田中城ゆかりの建物(田中城本丸櫓、茶室、仲間部屋、厩、長楽寺村郷蔵、いずれも市指定文化財)を移築した史跡公園として公開しているポン
 城にあった建物の実物が現在まで残されることは珍しく、歴史的価値の高い貴重な文化財といえるポン

 


秋葉山本宮秋葉神社

秋葉山本宮秋葉神社に行ってきたポン
 創建は和銅2年(西暦709年)、赤石山脈の最南端天竜川の上流に位置する標高866mの秋葉山をご神体山として、崇敬されてきたポン
 御祭神は火之迦具土大神(ひのかぐつちのおおかみ)、火の幸を恵み、悪火を沈め、火を司り給う神様ポン
 江戸時代の建築「神門」、重要文化財の御神刀(「案縄」「弘次」「来國光」)、等あるポン
 樹齢400年の老杉に守られた表参道を歩いて上れば、きっと心も清められるはずポン

 


堂ヶ島~三四郎島のトンボロ現象~

堂ヶ島に行ってきたポン
 三四郎島は、沖あい200mほどのところにある伝兵衛島・中ノ島・沖ノ瀬島・高島からなる4つの島で、見る角度により3つに見えたり4つに見えたりすることからこう呼ばれているポン
 干潮時には一番手前の伝兵衛島まで瀬が現れ足をぬらさずに歩いてわたることができるポン この現象のことを「トンボロ」と言い、日本でも大変珍しい現象ポン

 


稲取岬灯台・どんつく神社

稲取龍宮岬公園内にある稲取岬灯台・どんつく神社に行ってきたポン
 稲取岬灯台は1972年に初点灯した、四角形なのが特徴的な灯台だポン
 どんつく神社は、奉納されているご神体の神輿(みこし)が有名だポン
 二千年の歴史をもつ「どんつく祭」があり、祭りでは夫婦和合、子孫繁栄を願って、この神輿を女性たちが担いで町の中を練り歩く姿が見ることができるポン

 

 


小堀谷鍾乳洞

小堀谷鍾乳洞に行ってきたポン
 奈良時代末期の遺跡だポン
 深さ約20歩、広さ約7~8坪。5m程入ると天井が低く、立って歩けないほどの狭洞となっているポン
 さらに奥には、幅10m、高さ10m程のホールを持ち、神像のような形の石筍(せきじゅん)が祀られているポン

 天井に多数のコウモリがぶら下がっているので、驚かさないよう注意するポン

 


山住神社・山住峠

山住神社に行ってきたポン
 標高1107mの山住峠にあり、お犬さま信仰で知られる神社だポン
 1572年、三方ヶ原の戦いで苦戦中の徳川家康を犬たちが一斉に吠えて敵を散らせ、守ったと伝えられているポン
 境内にある(静岡県指定天然記念物にも指定されている)樹齢1300余年の杉の巨木は驚きの大きさだポン

 


静波海岸

静波海岸に行ってきたポン
 県立自然公園に指定されている静波海岸は浜辺から望む「白砂青松と富士山」の景観が美しい海岸だポン
 夏季は静波海水浴場として全国的にも有名だポン
 環境美化の啓発、観光客の歓迎塔として、自由の女神像が設置されているポン
 この夏、海水浴に皆行くポン

 


御前崎灯台

御前崎灯台に行ってきたポン
 1874年、イギリス人技師の監督のもとに誕生した白亜の洋式灯台だポン
 百三十余年という長い時を、烈風や地震等の被害にも屈せず、美しい姿を保ちながら海の安全を見守っているポン

 

真っ白でとても綺麗な灯台だポン


碧の丘

碧の丘に行ってきたポン
 土肥・堂ヶ島・駿河湾を見ることができる展望台だポン
 眼下に海岸線広がり、潮騒の音が聞こえるポン




静岡県農林技術研究所茶業研究センター

静岡県農林技術研究所茶業研究センターに行ってきたポン
茶業研究センターでは、地域に適した品種の開発や茶園管理の省力化、環境保全、茶加工技等に関する研究を行っているポン
センター内の茶業資料室では、全国的にも貴重な史料を多数収蔵しているポン
併設、県立農林大学校茶業分校では、地域茶業を推進する人材の育成を図っているポン




大洞院

大洞院に行ってきたポン
全国に3,400もの末寺をもつ名刹です。この寺の一角には、商運、ギャンブル運を呼ぶという噂の「石松の墓」があるポン
削っていく人が後をたたず、建て替えること2回、2代目の墓石は盗難にあってしまうほど。
現在は3代目だポン




金時公園・金時神社

金時公園に行ってきたポン
金時公園には足柄山の金太郎で親しまれている坂田金時(さかたのきんとき)の生家跡に建てられた金時神社や、大きなまさかりのモニュメントが飾られているポン
毎年5月3日に金太郎まつりが行われ、奉納相撲や綱引き大会が開催され賑わうポン
山の中腹にある、熊にまたがった金太郎の大きな看板が印象的だポン




酪農王国オラッチェ

酪農王国オラッチェに行ってきたポン
オラッチェは酪農を愛し、自然を守り、大地を育む人たちが住む小さな王国だポン
ヤギ、ポニー、ウサギ等の可愛い動物たちとふれあい癒されたポン
大人は地ビール、子供はソフトクリームを味わい、自然に感謝するポン




▲ページTOPへ
▲次ページへ

▲ TOP