企業の皆様へ

援護1

 自衛官はわが国の平和と独立を守るという国民から託された重要な任務を全うするため、日夜真剣に職務と訓練に従事しています。職務と教育訓練は広範囲なジャンルにわたり、多くの職種・職域にまたがっています。

援護2

 自衛官は制度上、幹部・曹クラスで大部分が54~56歳代、士は大部分が20歳代という年齢で退職します。自衛隊退職者は幹部・曹クラスでも働き盛りであり、技能と精強さに加え、職務遂行と教育訓練によって培われた企画力・指導力・実行力・協調性・責任感などに優れていると高い評価をうけています。この資質と能力はいずれの分野でも必ずやお役に立つものと信じます。

 静岡地方協力本部援護課では、退職予定の自衛官について一般財団法人自衛隊援護協会、職業安定機関(ハローワーク)への求人・求職の取次を行っております。このような業務を「就職援護」といいます。

退職自衛官に対する職業紹介の流れ

就職援護システム解説図 ※自衛隊援護協会とは
 退職自衛官の再就職を援護することを主目的とした防衛省所管の一般財団法人です。自衛隊援護協会には、本部と7支部があり、各支部は厚生労働大臣の許可を受け、定年などにより退職する自衛官の無料職業紹介事業を実施しています。

 「退職自衛官無料職業紹介所」は、札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島および福岡に設置され、自衛隊の就職援護機関、職業安定機関と密接な連携をとり、企業等への職業紹介を実施しています。

自衛官の退職年齢

階級 幹部 准・曹
将・将補
1佐
2佐 3佐 1尉 2尉 3尉 准尉
曹長・1曹
2曹 3曹
退職年齢
60歳
56歳
55歳
54歳
53歳

 退職日は、生年月日の日とされており、年間を通じて退職者が出ます。
 任期制自衛官(士)については、1任期:陸上自衛隊員は2年間、海上・航空自衛官は3年間で、2任期以降は陸上・海上・航空の各自衛隊とも2年間です。その大多数が20歳代で毎年3月~4月に退職します。

組織的・体系的な教育訓練

 退職自衛官は、退職を迎えるまでに多種の教育訓練等を受けています。自衛隊で培った能力を生かして様々な分野で活躍できる人材です。

【幹部】リーダーシップを身につけた管理者
 ●すぐれたリーダーシップ ●科学的管理技能 ●総合判断力と企画力
 【准尉・曹】実行力のある現場監督
 ●部下の教育指導能力 ●強い責任感と不屈の精神力 ●技術のエキスパート
 【士】規律正しい実行者
 ●尊法精神と強い責任感 ●忍耐力・実行力と協調性 ●強靭な体力と技術の素養
教育訓練解説図

お問い合わせ

・自衛隊静岡地方協力本部 援護課
〒420-0821 静岡市葵区柚木366 TEL:054-261-3151 FAX:054-261-3153
e-mail:reserve1-sizuoka @pco.mod.go.jp

防衛省人事教育局人材育成課援護企画室
電話:03-3268-3111(内線23645)

一般財団法人自衛隊援護協会
電話:03-5227-5400

【平成29年1月1日以降に退職予定の任期制自衛官】
マンパワーグループ(株)自衛隊就職支援室 電話:050-3163-5127

<求人に関する問い合わせ先>
自衛隊静岡地方協力本部 富士地域援護センター
〒412-8585 御殿場市駒門5-1
求人に関する問合せ先 
※自衛隊専用の求人票がダウンロード可能です。

 

就職援護関係リンク

陸自退職自衛官雇用ガイド 海自退職自衛官雇用ガイド 空自退職自衛官雇用ガイド (財)自衛隊援護協会

▲ページTOPへ