HOME自衛隊について自衛官の階級

自衛隊について(自衛官の階級)

階級イメージ

陸上・海上・航空各自衛官の階級は2士から将まで16階級に分かれています。

このうち3尉以上の8階級を幹部自衛官といいます。

陸上自衛隊の()内は外国軍人呼称、海上・航空自衛隊の()内は英語表記です。

※自衛隊と外国の軍隊では制度が異なり正確な対比はできないため、()内は一例です。

共通呼称 JGSDF※1
陸上自衛隊
JMSDF※1
海上自衛隊
JASDF※1
航空自衛隊
自衛官の階級について


幕僚長 陸上幕僚長
(大将)
海上幕僚長
(Admiral)
航空幕僚長
(Air Staff Office)

幹部自衛官とは?
幹部自衛官は、部隊の骨幹と言われ、強い責任感と実行力で部隊を指揮する立場にあり、卓越したリーダーシップが必要となります。

近年における技術革新や国際化、価値観の多様化といった社会状況や、大規模災害や国際平和協力業務への関わりといった、自衛隊をめぐる内外の変化に柔軟に対応し得る優れた幹部自衛官がますます求められています。

 

曹とは?
曹の役割については、従来から、小部隊のリーダー及び専門分野に精通した技能を有するものであるとともに、士を直接指導し、幹部を補佐する部隊の基幹要員として位置付けられています。

その資質・能力は部隊の精強性等に大きな影響を与えます。

さらに、任務の多様化、装備の高度化に伴い、より高い専門性が要求されることから、曹としての任務遂行に必要とされる高い能力が求められています。

 

※1 各頭文字の表記
JGSDF(陸上自衛隊)
Japan Ground
Self-Defense Force

JMSDF(海上自衛隊)
Japan Maritime
Self-Defense Force

JASDF(航空自衛隊)
Japan Air
Self-Defense Force

陸 将
(中将)
海 将
(Vice Admiral)
空 将
(Lieutenant General)
将補 陸将補
(少将)
海将補
(Rear Admiral)
空将補
(Major General)

1佐 1等陸佐
(大佐)
1等海佐
(Captain)
1等空佐
(Colonel)
2佐 2等陸佐
(中佐)
2等海佐
(Commander)
2等空佐
(Lieutenant Colonel)
3佐 3等陸佐
(少佐)
3等海佐
(Lieutenant Commander)
3等空佐
(Major)

1尉 1等陸尉
(大尉)
1等海尉
(Lieutenant)
1等空尉
(Captain)
2尉 2等陸尉
(中尉)
2等海尉
(Lieutenant Junior Grade)
2等空尉
(First Lieutenant)
3尉 3等陸尉
(少尉)
3等海尉
(Ensign)
3等空尉
(Second Lieutenant)

 
准陸尉
(准尉)
准海尉
(Warrant Officer)
准空尉
(Warrant Officer)

曹長 陸曹長
(上級曹長)
海曹長
(Chief Petty Officer)
空曹長
(Chief Master Sergeant)
1曹 1等陸曹
(曹長)
1等海曹
(Petty Officer 1st Class)
1等空曹
(Master Sergeant)
2曹 2等陸曹
(軍曹)
2等海曹
(Petty Officer 2nd Class)
2等空曹
(Technical Sergeant)
3曹 3等陸曹
(伍長)
3等海曹
(Petty Officer 3rd Class)
3等空曹
(Staff Sergeant)
士長 陸士長
(上等兵)
海士長
(Leading Seaman)
空士長
(Airman 1st Class)
1士 1等陸士
(1等兵)
1等海士
(Seaman)
1等空士
(Airman 2nd Class)
2士 2等陸士
(2等兵)
2等海士
(Seaman Apprentise)
2等空士
(Airman 3rd Class)

 


画像をクリックすると拡大します。

陸上階級章
海上階級章
航空階級章

▲ページTOPへ