平成30年度 出来事紹介 静岡募集案内所

平成27年度平成28年度平成29年度平成30年度

5月の出来事

今春入隊者が母校の恩師に自分の成長を披露

 自衛隊静岡地方協力本部(本部長・定免克己1等空佐)は5月2日(水)、今春静岡県立静岡西高等学校(静岡市)を卒業して陸上自衛隊に入隊した、菊地庸介2等陸士、名和大我2等陸士、浅場勇人自衛官候補生の母校訪問に同行した。
 菊地2士と名和2士は武山駐屯地第117教育大隊(神奈川県横須賀市)、浅羽候補生は板妻駐屯地第34普通科連隊教育隊(御殿場市)において、それぞれ一人前の自衛官になるために基本教育を受けている。
 陸上自衛隊の新制服に身を包んで母校を訪問した3人は、校長室で渡邊健校長をはじめ、学年主任、部活動の顧問など、在校時お世話になった恩師に近況報告を行った。
 対応した教諭たちは、ついひと月前に卒業した頃に比べ、身体は引き締まり一回り大きくなった姿に感心するとともに、訓練の様子や隊内での生活などのほか、自衛官としての決意を話す教え子の成長に目を細めていた。
 静岡地本は、引き続き学校と連携を図り、優秀な人材の継続的な確保に努めるとともに今後も県内出身隊員の成長を見守っていく。

 

4月の出来事

本部長が静岡自衛隊家族会総会で講話

 静岡募集案内所(所長・谷本明1等海尉)は、4月22日(日)、ホテルシティオ静岡(静岡市)において行われた「平成30年度静岡自衛隊家族会総会」に参加した。
 総会後には、静岡地方協力本部長・定免克己1等空佐が「我が国周辺情勢と自衛隊の取り組み」と題した防衛講話を行い、現在の日本を取り巻く国際情勢などを、スライド資料を使ってわかりやすく説明した。本部長は国防の最前線での勤務経験談なども併せて紹介し、参加者は興味深く聞き入っていた。
 また、講話後には意見交換会が行われ、現在の厳しい自衛官募集の状況等について、積極的な意見が交わされた。
 静岡募集案内所は、今後も各協力団体との連携を維持し、自衛隊の活動への理解促進を図り、募集基盤の拡充につなげていく。



▲ページTOPへ