しずなかトップ

ここでは非常勤隊員11人の目から見た自衛隊の疑問や発見、その他いろんなことを綴っています。
書き手は不定期に変わります。

陸上自衛隊服務規則 第3条!!わかりますか?

 ちょっとお堅いお題になってしまいましたが、今回は昭和の元WAC(女性自衛官教育隊~Woman Army Corps~)、自称地本のおばちゃんが担当させていただきます。
 早いもので今年も後わずか、静岡地本も新しい年を迎えるにあたり、しっかりと身の回りをきれいにして気持ちよく仕事ができるように環境整備をどこの部署でも行います。
 そこで、今回は、自衛官の整理整頓、お掃除について書かせていただきま~す。

 自衛官は、お掃除上手!!
 それは、自衛隊の規則にあります。
 営内服務の趣旨 第3条 自衛官は、営内服務が陸上自衛隊の任務遂行に至大な影響を与えることにかんがみ、次の各号に掲げる趣旨を達成するよう努めなければならない。


  1. 自衛官としての使命を自覚し、有事の際直ちに任務につくことができるよう常に物心両面の準備を整えること。
  2. 自衛官として必要な徳操を養い、特に自立心を養成し、公徳心を養うとともに団結を固くし、規律を維持し、かつ、士気をたかめ部隊活動の基礎を確立すること。
  3. 部隊内に情愛に富み、明朗な生活環境を築くこと。

 共同共通の場作りを態度で示す、清掃整頓が行き届いている部隊は、規律の高さを表しているのです。わたしは、この規則が大のお気に入りです(^O^)

 年末の本部長巡視は大切!!
 清掃でも自衛官は手を抜きません。各課室、床の光具合が気になります。
 掃除にもこだわりを持っているので見ていると楽しいです。
 秘密兵器は、電動床つや出し機「ポリッシャー」
 あっという間に床の汚れが落ちます。
 昭和の時代はブラシでしたが、最近はパットになったようです。
 ポリッシャーで剥離できなかった汚れは、洗剤いらずの水だけで落ちる消しゴムのようなスポンジでゴシゴシします。無言で集中し汚れを落とします。
 お掃除も真面目に取り組む自衛官に誠実さを感じます。
 それからワックスを掛け、乾くのを待ちます。
 この乾きの見極めが重要、〆のポリッシャー掛けですべての作業が水の泡になってしまいます。
 「先任~!今年の年末環境整備は美しいリングの床を作りましょうね♪」

 

ーーーあとがきーーー

今年の秋、地本に植えてある実のなる木たちが、たわわに実りました。

 かりんの樹は、こーんなに大きな実がひとつ。はちみつに漬けてみました。
 来年の夏は、ジュースにして皆さんに飲んでいただこうかな。
 久しぶりにこんなにいい実のりを見ると歳のせいか、地本長以下部員一同の気持ちが一つになり、目標達成に向かって頑張っている姿と重ね合わせてしまいます。
 おばちゃんか・・・!歳を感じますね。
 おしまい。

  追伸:地本の入口に柿の樹が、正面玄関右にかりんの樹があります。是非一見を!!


クローズアップ敬礼!!

 私は数年前、予備自衛官補の訓練を受け、その後予備自衛官に任用されました。
 予備自衛官補の訓練で一番初めに教わったのが、“きをつけ”“やすめ”“敬礼”でした。 “きをつけ”“やすめ”は小学校の体育等で教わっていたのでそれなりに知ってはいましたが、“敬礼”というものに触れる機会は初めてでした。その際、自衛隊で教育を受けた“敬礼”の種類の多さに衝撃を受けました。
 それまで、映画・ドラマやニュース等で軍人さんや警察官等がしているのを漠然と見ていた程度の知識しかありませんでしたので、その時“敬礼”の奥深さを知りました。なかなか興味深い部分もありますので皆様にもご紹介させて頂きます。
 (余談ですが…自衛隊の“きをつけ”“やすめ”は学校で教わるソレとは比較にならないくらいキツイです… 一週間、毎日そればかりやっていたらポッコリお腹が少し凹みました。ー笑ー)


 

    自衛隊の敬礼には大きく分けて6つの種類があります。

        1. 各個の敬礼   
        2. 隊の敬礼
        3. 警衛隊の敬礼
        4. 歩哨等の敬礼
        5. 自衛艦その他の船舶の敬礼
        6. 旗の敬礼

    更に、例えば1.の各個の敬礼にも以下のように様々なパターンがあります。

着帽時の敬礼 脱帽時の敬礼
  • 姿勢を正す敬礼(下記画像)
  • 捧げ銃の敬礼
  • 銃礼
  • 挙手の敬礼
  • 姿勢を正す敬礼
  • 45度の敬礼
  • 10度の敬礼(下記画像)

10dokeirei

 

 今回は、なかでも皆様に一番馴染みの深いであろう“挙手の敬礼”をクローズアップしてみたいと思います。
 皆様が一番誤解しがちなのが挙手の敬礼です。上記にある通り、帽子を被っていない時に挙手の敬礼をすることはありません
(よく街中で、無帽で挙手の敬礼をしている場面を見かけたりしますが、自衛隊的には×なのです。)
挙手の敬礼(陸上自衛隊)

 挙手の敬礼は、基本的に右ひじを真横に張り、二の腕を地面と平行にし、人差し指を帽のひさしの右斜め前部にあてる…とされています。この敬礼は、陸上・航空自衛隊にあてはまります。

 

海上自衛隊敬礼
 一方、海上自衛隊は、右斜め前約45度に出して、ひじを張らない敬礼を行います。これは、狭い艦内では、ひじを張ると色々と不都合が生じるからです。(人や物にぶつかる等)

 


 このように、それぞれの特性が敬礼ひとつとっても表れているようです。

 また、意外と知られていませんが、“敬礼を行わない場合”ということも、きちんと定められています。

    1. 上級者に随従している場合に於いて当該上級者が敬礼を受けるべきとき
    2. 車両・航空機等の操縦または船舶の操縦に従事している場合
    3. 勤務.演習.訓練.作業等に従事している場で敬礼することが、その任務の遂行に支障があるとき

 以上のように、時と場合に応じルールに沿った上で、自衛官は様々な敬礼を使い分けているのです。


 これらが自然と身につくまで、入隊時にみっちり訓練し体に叩き込まれるそうです。 なかなか覚えるのが大変そう…とは思いますが、皆様もこういったことを踏まえ、様々なシーンで敬礼を見比べてみてください。新たな発見があるかもしれません♪

自衛隊用語 皆様知っていますか?

自衛隊の中で働いていると、自衛隊特有の言葉をよく耳にします。
今まで自衛隊を知らなかった私には、意味がわからないこともしばしば。
今回はそんな自衛隊用語の一部をご紹介します。

 

◇掌握(しょうあく)
 自衛隊にいると、毎日耳にします。
 「把握」と同じなので意味はわかるのですが、「確認してある?」「わかってる?」という場面では必ず「掌握」が使われます。

◇前進(ぜんしん)
 普通の方はそうそう使う機会はないかと思いますが、自衛隊では「出発する」「目的地へ向かう」ような意味合いでよく使われます。
 自衛隊らしい用語ですね。

◇MM(エムエム)
 陸上自衛隊用語で、ミーティングのこと。
 地本でもよく行われるので、耳にすることも多いです。

◇駆け足(かけあし)
 ランニング。
 自衛隊の方は、皆さん体力錬成に努めていらっしゃいます。
 地本勤務の方々も、よくされてますよ。

 

ここからは陸上自衛官の広報室長に聞いた、部隊で使われる陸上自衛隊用語。

◇速足(はやあし)
 皆が足を揃えて歩くこと。

◇道足(みちあし)
 足を揃えず、かたまって歩くこと。

◇おりしけ
 座れ!という号令のようなもの。

 言葉を聞いても、意味が全く思い付きませんでした。

 

また、広報室には海上自衛官もおりますので、海上自衛隊用語も聞いてみました。

◇2(ふた)
 自衛隊では0は「まる」、1は「ひと」と読むのですが、2を「ふた」と読むのは海上自衛隊だけとのこと。
 陸空では「に」と読みます。

◇結索(けっさく)
 紐などを結ぶこと。海上自衛隊ではいろいろな結び方を学ぶそうですよ。

 

地本に来て4ヶ月。
自分の仕事には慣れてきましたが、自衛隊についてはまだまだ勉強が必要です。


艦艇の旗の意味

先日富士市田子の浦港に、海上自衛隊の多用途支援艦「えんしゅう」が県内初入港しました。
今月の「広報室の出来事」にも記事が載っていますので、是非ご覧ください。
私も広報係として支援に行ったのですが、その際気になったのがこちら。

 

 

 

 

 



柄の違う旗が7つ、一般公開の時だけ揚げられていました。
早速隣にいた海上自衛官の方にお聞きしてみると、この7枚で「Welcome」の7文字を表現しており、「歓迎」の意味です。
旗は1枚でも意味を持っていますが、それぞれAからZまでのアルファベットや数字に置き換えられていて、収納されているボックスにもこの様に表示されています。
アルファベットはそのまま「エー」「ビー」「シー」とは読まず、「A→アルファ」「B→ブラヴォー」「C→チャーリー」といった具合に、それぞれの頭文字から始まる名称で呼ばれるそうです。
(自衛隊では、伝達の際間違えないように使っているとのこと) そしてこれらの旗を繋げてマストに揚げ、他船との通信に使うのが「旗流信号(きりゅうしんごう)」です。
これは国や組織に関わらず、世界中の船舶で共通して使われているもので、他国や自衛隊以外の船とのやりとりにも使用されます。

例えばこちら。


 

 

 


紅白の「U」→赤白青の「W」の順に揚げると、相手の船に向けて「ご安航を祈る」という意味になります。
えんしゅうの隊員の方によると、船の出てくるアニメ作品などでも見られる、よく使われる信号とのこと。
また、日曜日の午前中には、職場体験の学生さんたちがこの旗流信号の掲揚を体験していました。
信号を出す時は素早さが大切!と揚げる速さを競ったり、自分で揚げた旗の意味を教えてもらったりと、とても楽しそうに海上自衛隊の仕事を学んでいましたよ。
皆様も自衛隊のイベントに行かれた際は、お気軽に自衛官に質問してみてください。

 

2016/5/27

レンジャー!

みなさん、突然ですが「レンジャー徽章(きしょう)」ってご存知ですか?

ざっくり言うと、レンジャー教育を修了すると付与されるのが
「レンジャー徽章」ですが、その徽章には金と銀の2種類があり、
またまたざっくり言うとその違いは幹部か否か、だそうです。
形状は、真ん中のダイヤモンドを月桂樹の葉っぱで飾っています↓



 

ダイヤモンドが眩しいです!
金の徽章を付けた隊員は、
レンジャー教育の教官に就く事が出来るのだとか。

その他にも色々な徽章がありますので、イベント等で自衛官を見つけたら様々な徽章が見られるかもですね^^

隣で勤務している自衛官が、
「ちなみに僕はチャレンジャーだよ!」
などと言い始めたので、今回はこの辺で失礼します・・・

では、また^^

 

2015/10/22

過去の記事へ

▲ページTOPへ