1. ホーム
  2. 予備自衛官
  3. 予備自衛官補

予備自衛官補

予備自衛官補とは

主として自衛官未経験者(自衛官としての勤務期間が1年未満)を予備自衛官補として採用し、所定の教育訓練を経た後、予備自衛官として任用する制度です。

国民に広く自衛隊に接する機会を設け、防衛基盤の育成・拡大を図るとの視点に立って、将来にわたり予備自衛官の勢力を安定的に確保し、更に情報通信技術(IT)革命や自衛隊の役割の多様化を等を受け、民間の優れた専門技能を有効に活用し得るよう、予備自衛官制度へ公募制(予備自衛官補制度)を導入しました。

予備自衛官補になるには・・・

予備自衛官補のイメージ

志願票提出後、各地で実施する採用試験を受験します。

予備自衛官補に採用・・・

予備自衛官補のイメージ

一般は3年以内に50日間、技能は2年以内に10日間の教育訓練に出頭し、必要な知識・技能を修得します。

教育訓練を終了すると・・・

予備自衛官補のイメージ

予備自衛官として、年間5日間の招集訓練に出頭する他、いざという時は自衛官として国防等の任務に就きます。

予備自衛官補の採用資格等


予備自衛官 予備自衛官補よくわかるガイダンスへ

予備自衛官補の処遇

【身 分】非常勤の特別職国家公務員

【手 当】教育訓練招集手当・・・日額7,900円

【補 償】
公務上の災害(負傷、疾病、傷害、死亡)については、現職の自衛官と同様、本人又はその遺族に対し、補償を行います。

【その他】教訓訓練招集中に必要な被服が貸与され、出頭のための往復旅費及び食事が支給されます。

教育訓練風景

教育部隊のある駐屯地に起居し、各回5日間連続して教育訓練に参加することになります。

辞令書交付式

辞令書交付式

基本教練

基本教練

精神教育

精神教育

戦闘訓練

戦闘訓練

格闘訓練

格闘訓練

体育訓練

体育訓練

ガス体験

ガス体験

野外勤務

野外勤務

射撃予習

射撃予習

射撃

射撃

自衛隊札幌地方協力本部へのお問い合わせのご案内

予備自衛官補トップへ

  1. ホーム
  2. 予備自衛官
  3. 予備自衛官補