1. ホーム
  2. 自衛隊とは?

防衛力の役割

1 新たな脅威や多様な事態への実効的な対応

新たな脅威や多様な事態は、予測困難で突発的に発生する可能性があるため、事態の特性に応じた即応性や高い機動性を備えた部隊などをその特性やわが国の地理的特性に応じて編成・配置することにより、これらに実効的に対応しています。

  1. 弾道ミサイル攻撃への対応
  2. ゲリラや特殊部隊による攻撃などへの対応
  3. 島嶼部に対する侵略への対処
  4. 周辺海空域への警戒監視および領空侵犯対処や武装工作船などへの対応
  5. 大規模・特殊災害などへの対応

2 本格的な侵略事態への備え

わが国に対する本格的な侵略事態が生起する可能性は低下する一方、新たな脅威や多様な事態への対応などが新たな防衛力に求められていることから、本格的な侵略事態に備えた装備・要員について抜本的な見直しを行い、縮減を図ることとしています。同時に防衛力の本来の役割が本格的な侵略事態への対処であり、また、その整備が短期間になし得ないことから、本格的な侵略事態に対処するための最も基盤的な部分を確保しています。本格的な侵略に対して行う作戦はその機能により以下の作戦などに区分されます。

  1. 防空のための作戦
  2. 周辺海域の防衛のための作戦
  3. わが国領土の防衛のための作戦
  4. 海上交通の安全確保のための作戦

3 国際的な安全保障環境の改善のための主体的・積極的な取組み

国際協力平和活動への主体的・積極的な取組み
自衛隊が活動を行う国際平和協力活動(「イラク国家再建に向けた取組みへの協力」「国際テロ対応のための活動」「国際平和協力業務」「国際緊急援助活動」)は、その範囲は非常に広く、政府全体として統合的に取り組む必要があります。自衛隊は、自己完結性、組織力などの能力を生かして国際平和協力活動に適切に取り組むため、教育訓練体制、所要の部隊の待機態勢、輸送能力などを整備し、迅速に部隊を派遣し、継続的に活動するための各種基盤を確立することとしています。
安全保障対話・防衛交流の推進など
各種の二国間・多国間訓練を含む安全保障対話・防衛交流は、わが国の国際平和協力活動の効果的な実施に質するという点なども踏まえつつ、引き続き推進していく必要があります。国際機関などが行う諸活動へ引き続き協力するなど、国際社会の平和と安定に質する活動を積極的に推進することが必要です。

陸上・海上・航空各自衛隊の任務と活動

わが国の平和と独立を守るために、外国にわが国を侵略する気持ちを起こさせないように私たち自衛隊は備えています。また、万一侵略された場合には、国民の生命・財産を守り、わが国の安全保障を担う役割についています。私たち自衛隊は、日本周辺の海や空を常時パトロールするとともに、わが国に対する外部からの武力攻撃に備えてさまざまな準備・訓練を行っています。

総合的な学習の時間(文部科学省所管)への協力

平成14年度から実施されている新学習指導要領において新設された「総合的な学習の時間」に対して防衛省としても協力しています。

自衛隊とは?トップへ

  1. ホーム
  2. 自衛隊とは?