退職自衛官の採用

人材情報

退職自衛官の活用

自衛官は、わが国の独立と平和を守るという国民から託された重要な任務を全うするため、日夜真剣に職務と教育訓練に従事しています。職務と教育訓練は広範なジャンルにわたり、多くの職種・職域にまたがっています。自衛隊ではその精強性を維持するため、若年定年制(幹部・曹は50歳代)及び、任期制(士は20歳代)がとられています。これらの退職者は働き盛りであり、技能の精強さに加え職務遂行と教育訓練によって培われた企画力・指導力・実行力・協調性・責任感などに優れ、企業サイドから高い評価を受けています。

  • 組織的系統な教育訓練を受けて役に立つ資質を身につけています。
  • 自衛隊には技能者が豊富で多種多様な職種に適応する人材が多数おります。
  • 防災、危機管理はもとより行政、企画、福祉医療から教育に至るまで、幅広い分野にわたり、ビジネス、公共政策における即戦力として役立ちます。
  • 自衛官の多くは各種の免許資格を取得しています。
  • 全国で多くの自衛官が若年退職若しくは、任期満了で退職しています。

それぞれの資質

幹部⇒リーダーシップを身につけた管理者タイプ

  • すぐれたリーダーシップ
  • 卓越したマネージメント能力
  • 総合判断力と企画力

准尉・曹⇒実行力のある現場監督タイプ

  • 部下の教育指導能力
  • 強い責任感と不屈の精神力
  • 技術のエキスパート

士⇒規律正しい実行者タイプ

  • 遵法精神と強い責任感
  • 忍耐力、実行力と協調性
  • 強靭な体力と技術の素養
  • 退職年月日は生年月日の日とされており、年間を通して退職者が出ています。
  • 任期制隊員の退職日は任期満了の日とされており、毎年3・4月に集中して退職者が出ています。1任期は、陸上自衛隊は2年間、海上・航空自衛官は3年間で、2任期以降は、陸上・海上・航空の各自衛隊ともに2年間です。

平成30年度人材情報はこちら
平成31年度人材情報はこちら

人材情報は退職自衛官の職業紹介事業を行う一般財団法人自衛隊援護協会東京支部の人材情報を基に掲載しています。詳細等お問合せは自衛隊埼玉地方協力本部「地域援護センター」までお願いします。

細部のお問合せは 自衛隊埼玉地方協力本部地域援護センターまで

ページトップ