HOME自衛隊の組織航空自衛隊 ≫ 航空自衛隊の職種

航空自衛隊の主な職域

航空自衛隊は幅広い分野をフォローするため、自衛官の仕事も、飛行をはじめ、航空管制、要撃管制、整備、高射など直接防衛のための装備に関わるものから、情報、気象、通信電子、プログラム、輸送、施設などの後方支援を担当する分野まで多岐にわたります。

射撃
護衛艦等において、砲、ミサイルを操作し、各種目標に対する攻撃を実施します。また、弾火薬等の取り扱いを実施します。
航空管制
飛行場(共用飛行場を含む。)において、離着陸する航空機などを誘導する航空交通管制業務を行っています。また、これらのシステム・器材の整備を実施します。
要撃(警戒)管制
昼夜を問わず領空を常時監視し、接近あるいは侵入してくる航空機を早期に発見・識別し、必要に応じて戦闘機などを誘導します。
高射
ペトリオットミサイルシステムなどを操作し、航空機部隊や警戒管制部隊と協力して侵攻してくる航空機を撃破することを任務としています。また、これらのシステム・器材の整備も行っています。
プログラム(電算機)
早期警戒システムや気象解析予報システムなど、航空自衛隊で用いるあらゆるコンピューターシステムの構築とプログラムの作成・保守を行っています。
気象
気象・海洋観測、天気図類の作成、気象・海洋関係の情報の伝達に関する業務を行います。
通信
有線・無線通信器材などを使用した電報等の送受信業務、及び航空通信に関する業務を行っています。
武装
主に戦闘航空団に所属し、航空機で用いられる武器弾薬の整備・搭載などの業務を行っています。
航空機整備
ヘリコプター、航空機、航空機用エンジン等の整備及び航空機等の金属部材の製作、修理等に関する業務を行っています。
施設
基地などにおける滑走路や建物の維持補修、電気やボイラーなどの管理業務を行っています。また、航空機事故が発生した場合は消防救難活動も行います。
衛生
健康診断・身体検査など、隊員の健康管理を行うとともに、環境衛生、食品衛生検査を行っています。また、救急救護に関する業務も行っています。
救難
健康診断・身体検査など、隊員の健康管理を行うとともに、環境衛生、食品衛生検査を行っています。また、救急救護に関する業務も行っています。
警備
来訪者の受付をはじめとして、基地を警備し、施設・物品の管理と隊員の安全を守っています。また、航空自衛隊の中で事件・事故等が発生した場合には司法警察職務を執行する隊員がいます。
音楽
音楽演奏を通じて隊員の士気の高揚を図っています。また、国家的行事や地域の行事などに参加するとともに各種の演奏会を実施する等、自衛隊の広報活動も行っています。
会計
航空自衛隊で使用するすべての物品を購入します。また、隊員の給与、出張等の旅費などの計算・出納に関する業務を行っています。
給養・補給
給養は隊員の食事を提供するため、調理、配食及び給食事務に関する業務を行っています。補給は、航空機の部品から事務用品まで、航空自衛隊で使用するすべての物品を保管し、部隊の要求に応じて出荷する業務を行っています。
輸送
車両や航空機でのあらゆる輸送の計画を行うとともに、航空機への貨物の搭載等の空港業務、国賓等の輸送に関する客室業務及び車両を操縦し、人や貨物の輸送を行います。
その他
情報、総務、人事、教育などの職種もあります。

海上自衛隊の職種・職域

海上自衛隊の職域をご覧になりたい方はこちら

海上自衛隊の職種をご覧になりたい方はこちら

陸上自衛隊の職種・職域

陸上自衛隊の職域をご覧になりたい方はこちら

陸上自衛隊の職種をご覧になりたい方はこちら


Pagetop

↑ PAGE TOP